未知谷の刊行物【国内文学】



 
はるかにてらせ
栗林佐知 著 / 菊地信義 装幀
四六判上製224頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-457-7 C0093



「はるかにてらせ 山の端の月
信じるものさえみえないよ
はるかにてらせ 銀色の月
冥きより 冥きみちを」
 
結婚三年目、35歳のサワちゃんの前に
高校生時代、一緒に夢を追った
先輩の幽霊が現れた
「先輩、どうして出てきたんですか?」
 
表題作「はるかにてらせ」他、「恩人」「身代わり不動尊」「京浜東北線の夜」「コンビナート」「券売機の恩返し」五篇収録
第22回太宰治賞受賞作『ぴんはらり』刊行以来、初の作品集


目  次

はるかにてらせ

恩人
47 
身代わり不動尊
838 
京浜東北線の夜
109 
コンビナート
133 
券売機の恩返し
161 
あとがき
219 

栗林佐知 [くりばやし さち]
1963年札幌市生まれ。富山大学人文学部卒業。ガラス窓清掃、版下製作などを経て、小説を書き始める。2002年「券売機の恩返し」で第70回小説現代新人賞を受賞。2006年「ぴんはらり」(「峠の春は」を改題)で第22回太宰治賞を受賞。著書に『ぴんはらり』(筑摩書房)。


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
はるかにてらせ
栗林佐知 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷