未知谷の刊行物【国内文学】



 
東京まで、セルビア Srbija do Tokija
高橋ブランカ 著
四六判上製208頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-514-7 C0093



セルビア文学の新星 日本語作家としてデビュー
 
旧ユーゴスラヴィアは
セルビアの首都
ベオグラード大学
日本語学科で
山崎佳代子氏に
(『ベオグラード日誌』66回読売文学賞)
日本語を学び、来日
日本に帰化して18年
日本語作家として
日々研鑽怠りなく
満を持して登場!
 
東方正教の国セルビアで
無神論者であること
男性主導の世界で
女流であること
愛すこと愛されること
……………
持ち前の明るさと
民族的ユーモア精神で
人びとの悩みや秘密
死をまで描き尽くす
中短篇4作
 
「翻訳の問題を考えるとき、高橋ブランカ『東京まで、セルビア』はひじょうに興味深い。旧ユーゴスラヴィアのセルビアに生まれた著者は、ベオグラード大学で山崎佳代子に師事し、一九九八年に日本に帰化した。ロシア語で創作した作品を日本語やセルビア語に訳し、また日本語で書いたものをセルビア語やロシア語に自ら訳す(……)視点の自在さは、安定的な語りを求める読者をおそらくは不安に陥れる。固定的でない語りのゆらめき。しかしなんとも言えず魅力的でもある」
(江南亜美子さん、『本の雑誌』2017年2月号)
 
「ユーゴスラヴィアをめぐる思索のほぼずべてが戦争へと収斂していた90年代、それに意義を唱えたのは文学だった。(……)豊かな発想、繊細な抒情、あるいは激しい自己批判をもって、歴史、宗教、政治に翻弄される人間の生のあり方を探求した作品たちである。軽やかなユーモアと温かな人間観察によって織りなされる本作は、その流れに連なるといえるだろう。(……)世界文学という言葉が頭をよぎるところだが、そこにあるのは不定形であいまいな「世界」ではない。著者のなかに広がる、セルビアから東京までの確かな空間によって育まれた、彼女だけの文学である」(評者=奥彩子さん、『週刊読書人』2017年3月17日号)


目  次

月の物語

ハサン湖

しあわせもの
30 
赤毛の女
68 
選択
113 
あとがき
201 

高橋ブランカ [たかはし ぶらんか]
作家、翻訳家、写真家、舞台女優
1970年旧ユーゴスラヴィア生まれ。1993年ベオグラード大学日本語学科卒業。1995年来日。1998年日本に帰化。1998年〜2009年、夫の勤務で在外生活(ベラルーシ、ドイツ、ロシア)。2009年から東京在住。著書「最初の37」(2008年、ロシアで出版)、「月の物語」(2015年、セルビアで出版、クラーリェヴォ作家クラブ賞受賞)。


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
東京まで、セルビア Srbija do Tokija
高橋ブランカ 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷