未知谷の刊行物【国内文学 / 紀行】



 
ワルシャワ便り
岡崎恒夫 著
四六判上製296頁 2,400円(税別)
ISBN978-4-89642-586-4 C0095



NHKラジオ深夜便「ワールドネットワーク」で
ポーランドからの報告を担当してきた著者の
2008年から2018年のNHKラジオ深夜便
全109回で伝えた
ワルシャワからの便りの元原稿を一冊に
優しい語り口に、写真も多数!
 
巻末に沼野充義氏との対談収録
 
本書は日本・ポーランド国交樹立100周年(1919〜2019年)記念事業の一環です。


目  次

はじめに

2008
 
交通事情

ポーランドのクリスマス
11 
この国の大晦日とお正月
13 
2009
 
食生活
15 
住宅事情
17 
ポーランドの自然
19 
子供と教育
21 
ペット事情
24 
休暇の過ごし方
27 
海はありますか?
29 
スポーツ事情
31 
遠くて近い国
33 
ポーランドのお盆
36 
日本語熱
38 
2010
 
ショパン生誕二〇〇年祭
41 
ワルシャワの「柳桜会」
43 
ポーランドの料理
46 
カティンの森事件
48 
花を好む人びと
50 
レディーファースト
52 
結婚観
55 
秋の味覚
58 
キュリー夫人
60 
コペルニクス
62 
若者のサブカルチャー
65 
2011
 
伝統工芸
67 
試験とテスト
70 
調律師――ショパンの能
72 
東日本大震災へのポーランド人の反応
74 
茶道の普及
77 
盆栽人気
80 
日本に眠るポーランド人
82 
首都ワルシャワ
85 
絆の架け橋
87 
エスペラント
90 
航空ショー
93 
シベリア孤児救済
96 
古都クラクフ
98 
戒厳令三〇周年
101 
2012
 
ヴィエリチカ岩塩坑
103 
山岳都市・ザコパネ
106 
この国の験担ぎ
108 
社会主義時代を振り返って
111 
ワルシャワ蚤の市
113 
サッカー欧州選手権
116 
ワルシャワ・ゲットー
118 
日本のゲームクラブ
121 
日本美術技術博物館
123 
ポーランド人と魚
125 
2013
 
ワルシャワの寿司職人
127 
ポーランド人留学生の日本の大学生観
130 
日本初体験
133 
幸福観
136 
イギリス文学に貢献したポーランド人
139 
市民の台所=ハラ・ミロフスカ
141 
ポーランドの園芸
144 
桜咲く国から艦隊来る
146 
ワルシャワ・フィルハーモニー
148 
ワルシャワ大学日本学科を救った日本人
151 
大衆食堂「ミルクバー」
153 
貯金の実情
156 
2014
 
ポーランド日本人会
159 
ワルシャワの地下鉄
161 
ポーランド語について
164 
食べるお祭りイースター
166 
医療態勢
169 
別荘ブーム
171 
世界を変えた発明発見
174 
ワルシャワの日本祭り
177 
野性の鳥たち
179 
温泉事情
181 
ポーランド語のたとえと格言
183 
子育て今昔
186 
2015
 
三大珍味
188 
アウシュビッツ強制収容所解放七〇周年
190 
恩義の人スタシェックさん
193 
ポーランドの住所表示
195 
第二次世界大戦終結七〇周年
197 
ワルシャワのうどん屋さん
199 
ワルシャワ文化科学宮殿
201 
ビーバーは友達か敵か
204 
黄金の列車
206 
第一七回ショパンコンクール
209 
肥満児問題
212 
年の瀬
214 
2016
 
幼児期の外国語教育
216 
ワルシャワ市内に出没するイノシシ
219 
ベトナム系ポーランド人
222 
ポーランドで活躍するダンサーとバレーリーナ
225 
博物館の夜
227 
ワルシャワ大学創立二〇〇周年
230 
少女「アシャ」
232 
アンジエイ・ワイダ監督逝く
235 
新作能「鎮魂」
237 
2017
 
ポーランドの今年の課題
239 
クリスマス・チャリティ・オーケストラ
241 
日曜日の商業活動禁止
243 
第三八回全ポーランド日本語弁論大会
246 
将棋の国際化を図る女性
248 
ベルナルド・ハナオカさんの死
251 
カタツムリ大国
253 
ルドルフ・ワイグル先生
255 
2018
 
私の年末年始
258 
IKEAとポーランド
260 
渡りをやめたコウノトリ
262 
激増する中国観光客
264 
難民問題
266 
人生は一〇〇歳から
270 
忘れられたノーベル賞学者
272 
後書きにかえて 著者インタビュー 聞き手 沼野充義
275 
おわりに
291 

岡崎恒夫 [おかざき つねお]
1944年旧満州国奉天市(現在の瀋陽市)生まれ。山口県立下関西高等学校卒業。京都大学文学部仏語仏文科卒業。1969年ポーランドに定住。1970年より現在までワルシャワ経済大学、1973年より現在までワルシャワ大学日本学科にて教鞭。


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ワルシャワ便り
岡崎恒夫 著
2,400円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ]["紀行"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷