未知谷の新刊案内

書名をクリックすると内容詳細をご覧になれます

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
窓辺のキャンドル アイルランドのクリスマス節
アリス・テイラー 著 / 高橋歩 訳
四六判上製256頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-570-3 C0098



アイルランド・イニシャノンのクリスマス
子どもの頃から今に到る準備と祝い方
70年も経っているのにあまり違いがありません。
アリスが守り続ける昔ながらのクリスマスを
読者のみなさんにも楽しんでいただけたら……
(訳者より)



 
いまここで
谷口江里也 著
四六判並製フルカラー136頁 1,600円(税別)
ISBN978-4-89642-569-7 C0095



「一つひとつの確かさ」
とでも名づけたいような
本書の一頁一ページは
一年間通勤の途次に撮った写真と
そのとき心に浮かんだ言葉です。
この試みを始めた頃には
毎日同じところを通って
目に留まるようなものが
どれほどあるだろうかと危懼しました。
始めてみて驚いたのは
毎日まいにち目に映るものが
ゆっくりと、あるいは突然変わることでした――
 
127葉の写真と言葉

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
不死 プラトーノフ初期作品集
アンドレイ・プラトーノフ 著 / 工藤順 編訳
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-568-0 C0098



レフ・トルストイやドストエフスキーに連なり
ロシア宇宙主義の「新しい人間」像を描く
多様な作品から短篇小説、エッセイ、戯曲、詩と
プラトーノフ入門とも評し得る作品集!

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
祖霊祭 ヴィリニュス篇
《ポーランド文学古典叢書》第8巻

アダム・ミツキェーヴィチ 著 / 関口時正 訳
四六判上製240頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-708-0 C0398



神の御裁きによれば、
生きているうち一度でも天国に足を踏み入れし者は、
死んで後、すぐには天国に行けるものではない――
 
19世紀初頭、三国分割下、地図上から全く姿を消したポーランド
祖国回復を願い、ポーランド・ロマン主義を牽引した放浪の天才詩人
ミツキェーヴィチの演劇分野での最高の達成をついに日本語で!



 
神峰山(かみのみねやま)
穂高健一 著
四六判上製272頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-567-3 C0093



一九四五年、終戦や敗戦ということばだけでは終わらない戦争。昭和20年代、全ての人が貧しく、生きることに必死だった姿こそ「二度と戦争を起こしてはならない」という歴史的教訓の証しとなる。大崎上島の地に、戦争が残した非情さ、抗うことができない運命を見、悲惨な境遇のなか、前向きに必死に生きる10代20代の遊女と男たち女たち、緊迫の中にも安らぎや楽しみを見出そうとする日々を描く5篇



 
雪とインク アムールの風に吹かれて 1989〜2011
岡田和也 著
四六判上製224頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-566-6 C0095



露文を出て、ソ連のレコードを輸入販売する会社で働いていました……
「行くなら、今しかないよ」
若者はその後ソビエト連邦の極東・ハバーロフスクヘ
国営放送「ロシアの声」翻譯員・アナウンサーとして廿余年
ソ連で二年余、ロシアで十九年余を生きた衣・食・住
近くて遠い国を巡るエッセイ94篇



 
異説ガルガンチュア物語
フランソワ・ラブレー 原作 / 谷口江里也 作 / ギュスターヴ・ドレ 絵
菊判上製314頁 4,000円(税別)
ISBN978-4-89642-565-9 C0097



16世紀、ヨーロッパ中世の巨人伝説に着想を得た
ラブレーのダイナミックなルネサンスの大傑作
19世紀、ドレはガルガンチュアの世界を表現した
美麗版画絵本で人々を魅了した
そして今、ドレの版画に導かれ、
大胆に原作のエッセンスを掴む新しい巨人の物語――!!
 
*ドレの版画196点

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
小論理学
G・W・F・ヘーゲル 著 / 牧野紀之 訳
四六判上製1248頁函入 15,000円(税別)
ISBN978-4-89642-560-4 C1010



読解の正確さ、註釈の親切さ、訳文の読み易さ etc. で
高評価の牧野訳「小論理学」、待望の完成!
 
ヘーゲルのように「学問の体系性」を重視し、個々の部分を体系内に位置づけて考える哲学者の真意はやはり「小論理学」の中に出ていると考えるべきでしょう。「ヘーゲル研究は『小論理学』に始まり、『小論理学』に終わる」という訳です。(本書最後の注より)

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
コンラット・ヴァレンロット
歴史物語――リトアニア人とプロイセン人の故事より
《ポーランド文学古典叢書》第4巻

アダム・ミツキェーヴィチ 著 / 久山宏一 訳
四六判上製240頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-704-2 C0398



ポーランド語に「ヴァレンロット主義」なる語を生んだ
国民的詩人の代表作
 
「主人公の悲劇的な自己分裂――彼は祖国愛のために、個人の幸福、名声(騎士の誇り)、そして永遠の幸福(魂の救済)を放棄する。これは、目的=至高の価値としての祖国愛のために騎士にふさわしくない方法(裏切りと詐術)を用いた結果である」(本書解説、『ミツキェーヴィチ事典』よりの引用)



 
ロバは三度自転車に乗って
イギリス・アイルランドへとへと自転車周遊篇

石岡通孝 著
四六判上製296頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-559-8 C0095



ヨーロッパ横断5,700キロの旅
『ロバは自転車に乗って』
ヨーロッパ縦断4,600キロの旅
『ロバはまだ自転車に乗って」に続く
定年後の大冒険第三弾!!
イギリス・アイルランドを自転車でゆく!!

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
6月の新刊



 
藍彩霞の春 客家文学的珠玉2
李喬 著 / 明田川聡士 訳
四六判上製368頁 2,800円(税別)
ISBN978-4-89642-562-8 C0398



小説家であり評論家でもある著者の理論「反抗の哲学」を物語化した大作。少女売春を描き、最後に恃み得るのは自分自身でしかないと強く主張。



 
利玉芳詩選 客家文学的珠玉4
利玉芳 著 / 池上貞子 訳
四六判上製208頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-564-2 C0398



詩、エッセイ、児童文学など多岐に渡って活躍、呉濁流文学賞、陳秀喜詩賞を受賞した現代を代表する女性客家詩人の現代詩と客家詩の中から、代表的作品113篇を収録。



 
曾貴海詩選 客家文学的珠玉3
曾貴海 著 / 横路啓子 訳
四六判上製208頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-563-5 C0398



医師であり、文学雑誌『文学界』『台湾文学』を創刊した詩人であり、環境保護を訴える社会運動家である著者の現代詩と客家詩の中から、代表的な作品を十余の詩集から厳選網羅。



 
ゲーテ激情の書 客家文学的珠玉1
鍾肇政 著 / 永井江理子 訳
四六判上製144頁 1,600円(税別)
ISBN978-4-89642-561-1 C0397



「台湾文学の母」と尊称される著者が敬愛する、ドイツの詩人ゲーテの少年期から老年に至る親密で激烈で純真な永遠の女性像を描く、読む者の胸を熱くするラブストーリー。



 
挑戦するフォトグラファー
30年の取材で見た自転車レース

砂田弓弦 著
四六判上製224頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-558-1 C0095



三大ツールは勿論
ミラノ〜サンレモ/パリ〜ニース
クラシック/ワールドツアー/世界選
 
メジャーレースを
オートバイで取材する特権!
選手と共にコースを走る――
内側から観るレースシーン!!
 
30年の取材歴からは
いろいろなものが
見えてくる……
そのエッセンスをここに!!!
 
写真94枚収録
 
選手が引退するとき、「自転車は人生の師」という言葉をよく口にするが、この言葉に偽りはないと思う。
さらにこのプロロードの世界が魅力いっぱいなのは、プロフェッショナルが集まる現場、いわば職人の世界だからだ。走っている選手はもちろん、マッサージ師、メカニック、オーガナイザー、ジャーナリスト、そしてフォトグラファー……。みんなその道のプロだ。だから、現場にいて気持ちがいいのだ。(「あとがき」より)



 
まごころ
十一谷朋代 著 / 長野順子 絵
四六判上製160頁 1,600円(税別)
ISBN978-4-89642-556-7 C0093



新しい町に引っ越してきた
小学3年生の女の子・舫(もやい)
一年にわたる不思議な体験で
本当に大切なことを知り
周りも変わっていく……
成長の物語
 
小学校中学年から ルビ多数



 
理念から未来像へ 憲法を正しく読めばこんな国
谷口江里也 著
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-557-4 C0095



日本国憲法に基づけば、日本はどのような国になり得るのだろう
 
第2次大戦の戦勝国の理念を優先して定められた内容だけに、実に豊かで人間的で、個々人を大切にし、非戦世界を目指しています。人類史をリードし得る先進的な内容を持つ私たちの日本国憲法を正確に読み取って国を創るとどうなり得るのか、現実と見比べながら、ありうる日本の姿や可能性について話し合うことになるかもしれません



 
精神現象学 第二版
G・W・F・ヘーゲル 著 / 牧野紀之 訳
四六判上製函入1072頁 12,000円(税別)
ISBN978-4-89642-555-0 C1010



読解の正確さ、註釈の親切さ、訳文の読みやすさで
評価の高い牧野訳 待望の第二版!
 
湧き出ずる論理の展開に先走るヘーゲルの原文を精緻に読み込み
先達学兄の業績を踏まえた上で、本文のみでその思想が理解できるよう
分かり易く言葉を補った訳。原書との格闘の跡も生々しい補注も豊富で
後覚の者必携の一書。第一版に注と訳者による付録論文、索引を追加。



 
トルストイの肖像画
レフ・トルストイ 著 / ナターリヤ・オレゴヴナ・トルスタヤ 編・絵 / ふみ子・デイヴィス 訳
四六判上製160頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-554-3 C0098



ロシアが誇る文豪トルストイ
彼自身の言葉による彼自身の生涯――
 
日記、『幼年時代』『少年時代』『青年時代』『懺悔』等から
文豪の玄孫ナターシャによる的確で簡潔な引用と絵で構成する
その誕生から死まで 彼は何に悩み、どんな言葉を残したか


[HOMEへ][刊行物案内へ][全点リストへ]

未知谷