未知谷の新刊案内

書名をクリックすると内容詳細をご覧になれます

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 
ルーマニア王妃マリー
和田郁夫 著
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-655-7 C0098



ママ王妃と慕われた
ルーマニアの王妃マリーをご存じですか?
 
おとぎ話に出てくる通りの美貌のお姫様?
あのチャーチルの初恋の人?
次々と起こした不倫スキャンダルで有名な女性?
だけじゃない
数か国語を操る知性、ウイット、社交、交渉術
ヴィクトリア女王譲りの天性の指導力
戦場では傷病者の手当で献身的に奔走し
外交面では大国首脳にルーマニアの大義を論じたて
大ルーマニアを実現したスーパー・クイーン――
 
英国ヴィクトリア女王の孫に生まれ
ルーマニア王室に嫁したマリーの生涯



 
カドミューム・イェローとプルッシャン・ブリュー
島村直子・小寺瑛広 編
四六判上製512頁+カラー口絵8頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-654-0 C0095



島村洋二郎という画家を御存じでしょうか?
 
「島村と深く関わりあい、その絵と人を愛した少数の人たちは死後の抹殺を当然のことと思いながらも、数十年来何か腑に落ちぬものを感じていたにちがいない。あんなに苦しみ抜いたのに、あんなに生命を賭して精神の純粋を追い求め、あれほど周囲に迷惑をかけたのに……」(宇佐見英治)
 
宇佐見英治著『芸術家の眼』(筑摩書房刊)の中に「島村洋二郎のこと」というエッセイを見つけた姪の直子氏。「伯父のことだ」と、宇佐見氏に手紙を書き、改めて絵に惚れ込み、作品探しを始めました。洋二郎の死後34年目のことです。
1987年、現代画廊の洲之内徹氏のもとで遺作展が実現、その後現在に至るまで10回の展覧会を開催。その記録、様々な人が次々と思い出す洋二郎のこと、新たに発見される事実、直子氏の作品探しをきっかけに再会した家族、そして探し当てた、たくさんの洋二郎の絵……
 
島村洋二郎展覧会に関する資料の全てを集成



 
ギリシア悲劇入門
丹下和彦 著
四六判上製160頁 1,800円(税別)
ISBN978-4-89642-653-3 C0098



ギリシア悲劇と聞いて、アッ敷居が高いな、と思っていませんか?
心配ご無用です。観るも読むも自在でいいのです。
 ……
当らずといえどあれこれ考えてみる ―― それはいいことです。
そのうちにひょっと思いついたり、思い当たったりすることが出てきます、
「アッ、見つけた!」という瞬間がね。
(「まえがき」より)

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 
ミコワイ・レイ氏の鏡と動物園
《ポーランド文学古典叢書》第9巻

関口時正 編・訳・著
四六判上製176頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-709-7 C0398



16世紀ポーランド
宗教改革!ルネッサンス!
ラテン語ではなくポーランド語のみで
文章を残した最初の人物
「古き楽しきポーランド」の象徴
本邦初の日本語訳&紹介!!
 
数多の著作からの絶妙な抄訳と補説でミコワイ・レイの全貌を提示する



 
アレクサンドル・ブローク 詩学と生涯
奈倉有里 著
四六判上製416頁 4,500円(税別)
ISBN978-4-89642-652-6 C0098



夜 街路 街灯 薬局
無意味で ぼやけた光
あと四半世紀 生きても
なにも変わらない 出口はない
 
死ぬのなら また初めから始まる
すべては繰り返す 昔日と同じに
夜 凍てつく水路の さざなみ
薬局 街路 街灯
 
 
ブロークの詩が身に染みるのは、社会の矛盾と対立が急激に深まり、もはやなにか大きな社会変動が避けられないような運命のときを待っているような時代である。……なにかが起こる、という予感とともに詩作を続けたブロークの作品が今こそ読み返され、繰り返す歴史の意味を感じとり、考えるための動力となることを願う。
(「あとがきに代えて」より)

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 
波のない海
岩田道夫 著
四六判上製192頁 1,900円(税別)
ISBN978-4-89642-651-9 C0095



波のない深い海のような瞳で見つめると
世界は蝶のように舞う夢と映るだろう
夢と現実は交差して浸透し合い
風景は真の姿へと昇華するだろうし
読後の心はおだやかであるに違いない
======
あなたは 本棚の中で
書物が自分で位置を換え
ドオデが一冊 ゾラの上へ
攀じ登ったりなにかすることに
お気づきですか?(ルナアル)



 
三日月 The Crescent Moon
ラビンドラナート・タゴール 著 / 内山眞理子 訳
四六判上製96頁 1,200円(税別)
ISBN978-4-89642-650-2 C0098



妻、娘、息子、父、数々の別れの悲しみと痛みを
かぎりなく繊細に、切々とうたった
ベンガル語詩集『おさなご』(1909年)
 
1912年、詩人はロンドンを訪問、
翌13年に『おさなご』から40篇
詩人自らが選んで英訳し『三日月』を出版した
いのち幼き子を祝福する 比類ない独創性
 
 
子どもたちは泳ぎかたを知らない。網の打ちかたを知らない。真珠とりは真珠をもとめて海にもぐり、商人たちは船をしたてて海をわたる。子どもたちは小石をあつめ、また小石をまきちらす。子どもたちは隠された財宝をもとめず、網の打ちかたを知らない。
 
海は大わらいして波立ち、砂浜のほほえみが淡くかすかにひかる。死の商いをする波は、母が赤ん坊の揺りかごをゆらすときのように、意味のない歌をうたってきかせる。海は子どもたちとたわむれ、砂浜のほほえみは淡くかすかにひかる。
(本書「海辺に」より)



 
マルセル・デュシャン 新展開するアート
北山研二 著 / 岡崎乾二郎 装幀
四六判上製296頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-648-9 C1070



デュシャンはダダイストか?!
レーモン・ルーセルの影響は?
三次元対象の二次元表象
平面絵画からの逸脱、つまり
動き=時間→四次元の導入
次元の移動を察知させる蝶番
兆しとしてのアンフラマンス
諸々について
超30年の研究を経て
ついに解き明かす
デュシャンの意図
次々と開かれる扉
 
観る者すべて
次元を彷徨わせ
思考へと導く作品の数々

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 
Dr. エポック くたばれヤンキース!
荻原雄一 著
四六判上製240頁 2,300円(税別)
ISBN978-4-89642-649-6 C0093



抱腹絶倒! ユーモア小説!
Dr. エポックと痛快な仲間たち
 
人間ばなれしている――
その分野球では天才なのだ
 
エポック医師は
障碍のある5人を
特訓リハビリで
一芸に秀でた野球人に……
プロを唸らせる各々の特技!



 
恋する昭和 芝木好子アンソロジー
芝木好子 著 / 山下多恵子 編
四六判上製304頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-647-2 C0093



5つのテーマで10篇を収録
 
芝木好子の作品世界は大きく三つに分けることができる。洲崎という土地を舞台とした、哀しくやるせないけれども、どこかたくましくも見える女性たちの姿を描いた、〈洲崎もの〉と呼ばれる一群の小説。作者の祖母・母・そして作者自身の、三代の女性を描いた自伝小説。画家・陶芸家・舞踊家・音楽家・華道家・染織家など、芸術・芸能に生きる女性のひたむきな姿を描いた、芸術家小説。共通するのは、そこに昭和という時代のおもむきと、様々な愛のかたちが描かれていることである。「昭和」と「恋愛」は、芝木好子の小説の重要なモチーフとなっている。
体験や心境をそのまま綴るのではなく、架空の人物を造形し、その人物に魂を入れ、自分の気持ちを仮託する、という書き方に、身を削る思いをしたことも、たびたびあったようである。造形した人物をとおして、もうひとりの私と、もう一つの人生を生きる――それは、登場人物に「憑かれた」というよりも、彼女自身が作品の中に入り込み、登場人物にのりうつったかのようでもある。
芝木好子は私小説という方法をとらなかった。しかしある意味、私小説作家以上に、自らの作品に「己」を賭けた作家だった、と言えるだろう。
たぐいまれなストーリーテラー――芝木好子の小説世界は、「読む」ことの楽しさ、「想う」ことの喜びを、きっと思い出させてくれることだろう。
(「解説」より)

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 

竹大和 著
四六判上製260頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-646-5 C0095



ケネディ大統領暗殺後激化するベトナム戦争
日系3世19歳の青年は幼少時を過ごした日本で
マルチ音楽人間を目指して歩み始める
しかし当時の日本の音楽シーンは
演歌からフォークへニューミュージックへと
大きく舵を切る変革期にあった
 
ライフ・ワークとすべきテーマはあるのか
はやり言葉や省略言葉ばかりが幅を利かせ
言葉ばかりか風俗習慣さえも伝統から離れ
美しいものに惹かれる心さえ失ったか……
折りから郷愁へと誘う女性と出合い
嫋やかな着物姿の女性の瞳に魅了された
 
“竹久夢二”と見定めて
アプローチを始めると
偶然の出会いが重なり
必然と思われる事態に
 
父の記憶の無い青年と
息子を持たぬ初老の男
二人の出会いと友情と
もうひとつの物語――
 
ピューリタン精神で邁進した半生記――



 
大塚楠緒子作品集
大塚楠緒子 著 / 石蕪 編
四六判上製288頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-645-8 C0095



1910(明治43)年11月9日、大塚楠緒子がわずか三十六歳の若さで亡くなってから今年で111年を迎える。文学者を顕彰する諸行事が各地で催される昨今、生前の華やかさに比べると、彼女の文学に親しむことのできない現状は寂しいかぎりである。
……………
……笑い方ひとつに、登場人物の態度や心理を反映させる表現上の工夫。それはある〈型=漢文学的な教養〉へのこだわりであったように思われる。漢語のもつ規範的な意味に収まりきらない生身の人間のさまざまな表情をすくい取ろうとするとき、楠緒子の感性は鋭敏に反応する。漢語に付されたルビの不統一性は、ある規範に簡単に従えない人間の感情の微妙さに神経を尖らせている証拠である。こうした繊細な言語感覚は、歌を詠むことによって身につけた感性のしなやかさの現れといえるだろう。
……一九〇〇年代末期、楠緒子は、夏目漱石の推薦によって、……新聞連載小説を執筆する機会に恵まれる。……師漱石の期待に応え、本格的な小説に乗り出し、繊細かつ微妙な心理表現を切り開こうとする文章観は『空薫』ならびにその続篇『そら■(火へんに主)』に凝縮している。
(「解説」より)



 
イスカリオテのユダ
L・N・アンドレーエフ作品集

レオニード・アンドレーエフ 著 / 岡田和也 訳
四六判上製240頁 2,400円(税別)
ISBN978-4-89642-644-1 C0097



魯迅が愛して中国語に翻訳し、日本では明治末期から上田敏、二葉亭四迷、森鴎外、大杉栄、昇曙夢、中村白葉らによって盛んに紹介され、親しまれてきた作品群、新訳!



 
20世紀ジョージア(グルジア)短篇集
児島康宏 編訳
四六判上製320頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-643-4 C0097



ワイン発祥の地として知られるが
ジョージア文学の歴史も古い――
5世紀初頭には文字記録が始まる
独特の文字は連綿と綴られてきた
20世紀に活躍した作家6人を厳撰
各2篇計12篇をジョージア語から
直接翻訳して紹介する初の短篇集
 
 
……二十世紀の初め、ジョージアはロシア帝国に支配されていました。ミヘイル・ジャヴァヒシヴィリの「悪魔の石」やギオルギ・レオニゼの短篇はその時代を舞台にした作品です。……一九二一年二月にボリシェヴィキの赤軍の侵攻を受け、ジョージアはグルジア・ソヴィエト社会主義共和国としてソヴィエト連邦に組み込まれました。本書に収録したコンスタンティネ・ガムサフルディアの短篇はその時代の大きな変わり目を生きた人々を描いています。……ソヴィエト連邦時代は、厳しい検閲が行なわれるなど思想的な制約がありながらも、作家たちは独自の豊かな文学世界を生み出しました。ノダル・ドゥンバゼやグラム・ルチェウリシヴィリ、ゴデルジ・チョヘリらの短篇はその一端をうかがわせるものです。(「あとがき」より)

12月の新刊
11月の新刊
10月の新刊
9月の新刊
8月の新刊
7月の新刊



 
〈降誕祭の星〉作戦 ジヴァゴ周遊の旅
工藤正廣 著
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-642-7 C0093



「この一冬でこれを全部朗読して戴けたらどんなに素晴らしいことか」プロフェッソルKに渡された懐かしい1989年ロシア語初版の『ドクトル・ジヴァゴ』。勤勉に朗読し、録音するアナスタシア、訪れたのは遠い記憶の声、作品の声……



 
長靴を穿いたテーブル
岩田道夫 著
四六判上製200頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-641-0 C0095



***
同じ四つ足ということでお互いに尊敬し合っていた犬とテーブル、
天寿を全うするに際して犬はテーブルに自由に走る能力を遺した。
走ることを覚えてしまったテーブルは夜毎独走する習慣を経て、
動かずにじっと立っていることに耐えられなくなって行く……
***
――走れテーブル!
言い終わらぬうちにテーブルはおいしいごちそうを全部背中にのせたまま、
窓を飛び越え、野原をタッタッと駆け出しました。
お客たちはびっくりして、ある者は腰を抜かし、
ある者はほうきやフライパンや肉のつきささったフォークを持って
テーブルを追いかけました。
(表題作「長靴を穿いたテーブル」より)


[HOMEへ][刊行物案内へ][全点リストへ]

未知谷