未知谷の刊行物【国内文学】



 
暁の網にて天を掬ひし者よ
(あかつき)の網(あみ)にて天を掬(すく)ひし者よ 小熊秀雄の詩の世界
法橋和彦 著
四六判上製352頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-184-2 C0095



《morals and justice》
信義のみを規範に生き
書き綴る姿勢は
小熊秀雄に
中野重治に
そして本書の著者
法橋和彦に見られる
 
抑圧された民衆の側に立ち
澄みきった眼で日常を見つめ
ロシア文学に啓発されつつ
小気味良いエスプリを利かせ
多彩に作品を描きわけた
最良の口語自由律詩人
小熊秀雄の人生と作品
 
構想以来四十有余年
キーワードに巡り合う度に
書き継いだ労作700枚
所謂「転向問題」への
新しい提起をも含め
読者諸兄の見識を仰ぐべく
今ここに上梓する


目  次

第一部

小熊秀雄における詩と思想
――その民衆性の問題によせて

小熊秀雄とその時代
(『小熊秀雄ノート』補説のためのあとがき)
135 
第二部
165 
小熊秀雄におけるプーシキン
167 
小熊秀雄の死と仕事
175 
『飛ぶ橇』の問題ひとつ
177 
ロシア「夢占い」と「馬の糞茸」
181 
二十世紀ロシア文学の聖と俗
――小熊秀雄によせて、あるいはミレニアムへの小さな感想
186 
中野重治さんからの手紙
194 
第三部
247 
小熊秀雄とロシア
249 
一八四四年のエンゲルスから
――小熊秀雄におけるロシア文学と社会主義
284 
この本のうしろに
317 
人名索引
i(351) 

法橋和彦 [ほっきょう かずひこ]
1932年神戸に生まれる。大阪外国語大学から早稲田大学大学院博士課程へ。
現=大阪外国語大学名誉教授。
編著『トルストイ研究』河出書房新社、『プーシキン再読』創元社。
著書『ロシア文学の眺め』新読書社。他

小社刊の法橋和彦の著作物
[古典として読む『イワンの馬鹿』]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
(あかつき)の網(あみ)にて天を掬(すく)ひし者よ 小熊秀雄の詩の世界
法橋和彦 著
3,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷