未知谷の刊行物【海外文学】



 
パパは異星人
ヨアンナ・ルドニャンスカ 著 / 田村和子 訳 / 横山由巳 挿絵
208頁・挿絵15点 2,000円(税別)
ISBN4-89642-026-8 C0098



人の心の内側には外の世界よりも遙かに広い現実があり、
その現実は神秘と奇跡に満ちている――
ママの新しい恋人はベランダに降りた卵形の宇宙船でやって来た。12歳の少女ピョトルーシャは宇宙船でパパの星を訪れ、パパの家族や友だち、謎の花火売りらと知り合う……。
地球と異星を舞台に、少女の自立を描くファンタジー。
児童文学の国際賞コルチャック賞受賞後初のSF書き下ろし作品!
[「8歳から80歳までの子供のための」読み物の一冊]


目  次

第1章
十二歳の少女ピョトルーシャは母と二人ワルシャワのアパートに暮らしていた。親友は二歳年上のアンゲリカ……。病気で寝込んだピョトルーシャに、パパは遠い惑星の少年の話を聞かせてくれた。

第2章
七つの湖のほとり、ぶどう畑に囲まれた少年の住む町では……。花火売りの贈物“十二匹の戻り竜”を打ち上げた少年は事故で親友を失い、地球へ逃れて来たが、いまだに親友の一族に追われているという。
40 
第3章
パパに危機が迫り三人は小村へ逃れる……。転校した学校の帰路、不良少年たちに追われたピョトルーシャは宇宙船の隠された物置小屋に逃げ込み、そのままパパの星へと向った。
80 
第4章
廃墟と化した街に降りたピョトルーシャは偶然得た情報を手に戦争終結に活躍するが、それを心良く思わぬ者もある。花火売りの手でテロから救われた彼女は地球へと戻った。
123 
第5章
増長する不良少年たちを片づけた迄は良かったが、パパとママは惑星へ、ピョトルーシャは地球に残り、富裕な実の父一家と暮らすことになった。ある日家庭を失ったアンゲリカと再会し……
158 
終章
過ぎ去るものといって何もない。人も出来事もすべては絵や言葉の中で冬眠しているだけ。時が来れば現実として顕れる……
190 
訳者あとがき
197 

小社刊のヨアンナ・ルドニャンスカの著作物
[竜の年]
[ブリギーダの猫]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
パパは異星人
ヨアンナ・ルドニャンスカ 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷