未知谷の刊行物【国内文学】



 
夢と戦争 「ゼロ年代詩」批判序説
山下洪文 著
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-511-6 C0095



人間の本性あるいは
人間精神の原郷を
言葉によって明示する
これが詩本来の
姿であろう
共感を求めるなら
主体を堅持し
抒情の昂揚を待って
最適の言葉を
探さなければ
ならない——
 
21世紀にあらわれた一群の新しい詩人——彼らは「ゼロ年代詩人」と呼ばれた。その異貌の言葉は、人々に衝撃をあたえ、現在に至るまで増殖をつづけている。吉本隆明はそれを「塗りつぶされたような無」であると批判したが、深く顧みられることはなかった。いま、ゼロ年代詩人よりも年若い世代の著者が、彼らの営為を厳しく問いただし、その生を審判する。その射程は七〇年代詩から震災詩、さらには二〇一〇年代詩の先にあるものにまで及ぶ。「主体の骸には主体性のヒントが、抒情の骸には抒情性のヒントがあるはずだ」——著者はこの確信から、ゼロ年代詩という「死骸」を徹底的に解剖し、次代への希望を探す。烈しい言葉のなかに、詩への一途な思いが幽かに光を放つ。本書は現代詩への最後の審判であり、新たな詩の出発宣言である。


目  次



夢と戦争

 1 異界の変容 内田百?、島尾敏雄、浮海啓

 2 夢、言葉、主体 詩は何処にあるか
21 
 3 夢の現在、主体の行方 あるいはゼロ年代詩批判
28 
 4 夢と戦争の彼岸 偏りの雨のなかに
40 
虚無の懐胎 一九七〇年代詩批判序説
49 
言葉の近親相姦 外山功雄、岸田将幸、小笠原鳥類論
59 
 1 タナトスの不在 誰も破壊されなかった
59 
 2 ダダとゼロ年代詩 誰も破壊しなかった
73 
 3 SF、ファシズム、ゼロ年代 しかし一切は破壊された
82 
煉獄とドラえもん 中尾太一、白鳥央堂論
89 
 1 未知から無知へ
89 
 2 痴呆的抒情
94 
 3 郷愁の雪は降るか?
106 
 4 猿真似の詩学
111 
〈始まりと終わり〉の終わり 蜂飼耳論
115 
無の饗宴 和合亮一論
133 
新たなる虚無へ 二〇一〇年代詩批判序説
165 
あとがき
185 

山下洪文 [やました こうぶん]
1988年、岩手県生まれ。2013年、詩集『僕が妊婦だったなら』(土曜美術社出版販売)刊行。現在、日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程在籍。

小社刊の山下洪文関連の著作物
[血のいろの降る雪 木原孝一アンソロジー]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
夢と戦争 「ゼロ年代詩」批判序説
山下洪文 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷