未知谷の刊行物【芸術】



 
ラ・タウロマキア(闘牛術)/ロス・ディスパラテス
視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第三・四版画集

谷口江里也 著 / フランシスコ・デ・ゴヤ 版画
A5判上製176頁函入 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-510-9 C0371



ゴヤ全版画! 詳細解説付!!
全3集にて毎月刊行開始! 第二回配本

 
『ラ・タウロマキア』
様式美と偶然を美に昇華させようとする果敢な意志に支えられた芸術の中の芸術、闘牛を描き、美とは何か、まざまざと見せつける版画集
 
『ロス・ディスパラテス』
理屈、損得、善悪、社会関係、意図など、諸々の意味によってはどうにも説明しきれない、あるいは理解できない人間の行動の不可解さ。その後の近代の知性が解き明かそうとすることになる人間の深層心理や無意識や不条理の領域にダイレクトにつながるテーマ。最後に分け入った未踏の領域。
 
 
ゴヤの天才性
★王侯貴族や教会から民衆へ
★複製芸術としての版画
★新しい画題(テーマ)

フランシスコ・デ・ゴヤ
1746年、スペイン、アラゴン州サラゴサ近郊のフエンデトドス生まれ。1828年、フランス、ボルドーで死去。スペイン絵画史上の大画家であると同時に、版画というメディアを駆使し、あらゆることを表現対象と捉え、人間の表現行為の意味や不思議さを追求して、視覚表現史における近代の扉を開いた天才。若くして画家を志し、マドリッドにおいて、王立タペストリー工場のタペストリーの下絵(カルトン)を描く仕事や、王宮のコレクションのベラスケスの作品を銅版画にコピーするなどの下積みをした後、43歳で宮廷画家に任命される。46歳の時に大病を患い聴覚を失う。『ロス・カプリチョス』『戦争の悲惨』『ラ・タウロマキア』『ロス・ディスパラテス』四つの版画集のほか、油絵の代表作として、『カルロス4世の家族』『着衣のマハ』『裸のマハ』『1808年5月3日』などがある。
 
谷口江里也 [たにぐち えりや]
詩人、ヴィジョンアーキテクト。1948年生まれ、石川県加賀市出身、横浜国立大学建築学科卒。中学時代から、詩と絵画と建築とロックミュージックに強い関心を抱く。1976年にスペインに移住。バルセロナとイビサ島に居住し、多くのアーティストや知識人たちと親交を深める。帰国後、イマジネーションと変化のダイナミズムをテーマに、ヴィジョンアーキテクトとして、エポックメイキングな建築空間創造などを行なうと共に、言葉による空間創造として多数の著書を執筆。音羽信という名のシンガーソングライターでもある。主な著書に『画集ギュスターヴ・ドレ』(講談社)、『1900年の女神たち』(小学館)、『ドレの神曲』『ドレの旧約聖書』『ドレの失楽園』『ドレのドン・キホーテ』(以上、宝島社)、『鳥たちの夜』『鏡の向こうのつづれ織り』『空間構想事始』(以上、エスプレ)、『イビサ島のネコ』『天才たちのスペイン』『旧約聖書の世界』(以上、未知谷)など。主な建築空間創造に《東京銀座資生堂ビル》《ラゾーナ川崎プラザ》《レストランikra》《軽井沢の家》などがある。

小社刊の谷口江里也の著作物
[イビサ島のネコ]
[天才たちのスペイン]
[旧約聖書の世界]
[ロス・カプリチョス 視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第一版画集]
[戦争の悲惨 視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第二版画集]
[随想 奥の細道 今こそ活きる芭蕉のヴィジョン]
[リカルド・ボフィル 作品と思想 RBTAの仕事を通して知る建築的時空間創造]
[理念から未来像へ 憲法を正しく読めばこんな国]
[異説ガルガンチュア物語]
[いまここで]
 
小社刊の音羽信の著作物
[愛歌 ロックの半世紀]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ラ・タウロマキア(闘牛術)/ロス・ディスパラテス 視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第三・四版画集
谷口江里也 著
3,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["芸術"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷