未知谷の刊行物【海外文学】



 
母なるひとびと ありのままのアイルランド
アリス・テイラー 著 / 高橋歩 訳
四六判上製240頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-589-5 C0098



この本は、すべての女性に
敬意を表すものです。
ひどい貧困と飢えの中でも
あれほどの品格と寛大さを
なぜ保ち続けることができたのか
15人のアイルランド女性の生き様を
尊敬と愛を込めて語るエッセイ集


目  次

はじめに

第一章 島に生きる(アキル島のシス)
13 
第二章 火を灯す女(母)
41 
第三章 農場の女主人(ナナ)
61 
第四章 手わざの女(ケイトおばさん)
77 
第五章 頼もしい存在(助っ人姐さん)
93 
第六章 村の癒し(看護師さん)
103 
第七章 良い暮らしを求めて(さすらう女)
115 
第八章 信仰の守り手(老姉妹)
125 
第九章 気高く生きる(ミセスC)
135 
第十章 彼方の女(モーリーン)
149 
第十一章 美しい山々に生きる(アイリーン)
173 
第十二章 頼れる女(モード)
187 
第十三章 家族の秘密(アメリカの姉妹)
197 
第十四章 社会のために(アン)
209 
第十五章 扉の内側(聖クララ会のシスター)
215 
訳者あとがき
237 

アリス・テイラー [Alice Taylor]
1938年アイルランド南西部のコーク近郊の生まれ。結婚後、イニシャノン村で夫と共にゲストハウスを経営。その後、郵便局兼雑貨店を経営する。1988年、子ども時代の思い出を書き留めたエッセイを出版し、アイルランド国内で大ベストセラーとなる。その後も、エッセイや小説、詩を次々に発表し、いずれも好評を博した。現在も意欲的に作品を発表し続けている。
 
高橋歩 [たかはし あゆみ]
1967年新潟生まれ。新潟薬科大学准教授。英国バーミンガム大学大学院博士課程修了。専門は英語教育。留学中に旅行したアイルランドに魅了され、毎年現地を訪れるようになる。訳書に『スーパー母さんダブリンを駆ける』(リオ・ホガーティ、未知谷)、『とどまるとき――丘の上のアイルランド』『こころに残ること――思い出のアイルランド』『窓辺のキャンドル――アイルランドのクリスマス節』(アリス・テイラー、未知谷)がある。

小社刊のアリス・テイラーの著作物
[とどまるとき 丘の上のアイルランド]
[こころに残ること 思い出のアイルランド]
[窓辺のキャンドル アイルランドのクリスマス節]
[心おどる昂揚 輝くアイルランド]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
母なるひとびと
ありのままのアイルランド
アリス・テイラー 著
2,500円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷