未知谷の刊行物【国内文学】



 
裸足の女 吉野せい
山下多恵子 著
四六判上製208頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-232-0 C0095



詩人・三野混沌と結婚し、少女時代に愛した文学を捨て、過酷な開墾生活に入った吉野せい。夫の死後、七十歳を過ぎてから、草野心平の強い薦めで猛烈に筆を執りはじめる。百姓として、女として、自らの人生を書き記すために――
 
「刃毀れなどどこにもない斧で一度ですぱっと木を割ったような狂いのない切れ味」と串田孫一が評した吉野せいの作品とその生涯を、前作『忘れな草』で岩手芸術選奨受賞した筆者が、女性ならではの細やかな視点から読み解いた評論。第2部には、作品や残された記録をもとに、吉野せいにできる限り寄り添いながら、その心の動きを追ったシナリオを収録。
「七十歳を過ぎてから書き始めた吉野せいという作家を思うとき、書かずに来たそれまでの何十年の歳月を思う。渦巻く思いを自分一人の胸に押し込めて、彼女は畑に立ち続けた」(「はじめに」より)


目  次

はじめに

第一部 裸足の女――吉野せい論

一章 吉野せいにおける創作――「書く」ことの意味
11 
 1 出会い
12 
 2 梨花
30 
二章 吉野せいにおける自然――交感する魂
53 
三章 吉野せいにおける結婚――愛と闘い
71 
 1 青春の人
72 
 2 夫婦のかたち
92 
終章 吉野せいと三野混沌――再び「書く」ことの意味
119 
第二部 シナリオ 裸足の女
139 
あとがき
189 

山下多恵子 [やました たえこ]
1953年岩手県雫石町生まれ。高校教諭を経て、現在長岡工業高等専門学校非常勤講師。国際啄木学会理事。日本近代文学会会員。ハンセン病市民学会会員。『北方文学』、『火山地帯』同人。著書に『海の蠍(さそり) 明石海人と島比呂志 ハンセン病文学の系譜』、『忘れな草 啄木の女性たち』(ともに未知谷)がある。
2002年2月より『盛岡タイムス』に「忘れな草 啄木の女性たち」(全56回)、2004年3月より『新潟日報』に「島比呂志からの手紙 らい予防法を越えて」(全25回)、2006年3月より『新潟日報』に「屋根の上の歌人 西方國雄」(全12回)を連載。2008年5月より『新潟日報』に「啄木と郁雨 友の恋歌 矢ぐるまの花」を連載中。

小社刊の山下多恵子の著作物
[海の蠍(さそり) 明石海人と島比呂志 ハンセン病文学の系譜] (旧版・品切れ)
[忘れな草 啄木の女性たち]
[啄木と郁雨 友の恋歌 矢ぐるまの花]
[増補新版 海の蠍(さそり) 明石海人と島比呂志 ハンセン病文学の系譜]
[朝の随想 あふれる]
 
小社刊の山下多恵子関連の著作物
[おん身は花の姿にて 網野菊アンソロジー]
 
小社刊の吉野せい関連の著作物
[土に書いた言葉 吉野せいアンソロジー]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
裸足の女 吉野せい
山下多恵子 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷