未知谷の刊行物【国内文学】



 
長塚節「土」の世界
写生派歌人の長篇小説による明治農村百科

山形洋一 著
四六判上製272頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-292-4 C0095



名品「土」を本当に愉しむ農業文学の試み
 
明治後期、子規を師事する歌人が精緻に描いた故郷
の農村生活を学際的地域診断の手法で読み解く試み。
細部に宿る日本の原風景……


目  次

  まえがき

第1章 土色の象嵌
13 
 第1節 冷たい土に帰す
14 
 第2節 季節は土から動く
21 
 第3節 痩せてゆく土を骨まで噛む
28 
 第4節 土を覆う緑
34 
 第5節 土の小屋に隠居
40 
 第6節 軽鬆な土を空に捲く
48 
 第7節 土にひっついていた冬が去る
52 
第2章 貧しさの目録
57 
 第1節 のどの孔を埋める粗食
58 
 第2節 たすきと手拭いのおしゃれ
63 
 第3節 畳と障子のない家
70 
 第4節 燃料の心配
76 
 第5節 農業、出稼ぎ、奉公、内職
79 
 第6節 徒歩での移動
84 
 第7節 遅すぎた治療
87 
第3章 ムラ社会の優しさと干渉
95 
 第1節 ムラと近郷
95 
 第2節 葬儀は近所が出す
104 
 第3節 互助、義理、外聞
108 
 第4節 地主の庇護と恩恵
115 
 第5節 嫉妬深い「伴侶」たち
121 
 第6節 小悪女おつたと姻戚の役割
123 
 第7節 よそ者と世間師
127 
第4章 性と諧謔
133 
 第1節 野合の風習
133 
 第2節 盆踊りのスキャンダル
137 
 第3節 母が手引きする駆け落ち
145 
 第4節 いたずらは若者の特権
155 
 第5節 女三代の愛嬌
159 
 第6節 老いた念仏衆の狂騒
166 
 第7節 「一人っ子」与吉の密告癖
170 
第5章 藩政のなごりと押し寄せる近代
174 
 第1節 下総は水の国
174 
 第2節 高瀬船と野田の隆盛
182 
 第3節 農業改良の時代
190 
 第4節 急性伝染病の時代
194 
 第5節 両、貫、文への郷愁
200 
 第6節 行政村・岡田の近代
203 
第6章 節が酷愛した天然
210 
 第1節 秋に怯えるモロコシとコオロギ
213 
 第2節 夏負けの庭
217 
 第3節 詠われなかった冬の疾風と、クヌギのごとき勘次
220 
 第4節 長歌「蛸」
225 
 第5節 ツユクサの青
228 
     付録
233 
     付録1 価格・費用一覧
233 
     付録2 内田吐夢監督の映画
           『土』のセットに見られる道具類
236 
     付録3 映画『土』(監督・内田吐夢)の一シーン
237 
     あとがき
245 
     参考文献
250 
     Summary
260xi 
     索引
270i 

山形洋一 [やまがた よういち]
1946年大阪生まれ。東京大学農学部卒、農学博士(応用昆虫学)。71年日本のNGOの手伝いでネパール滞在。72年インドを三等列車で周遊。インド復帰を夢見て国際協力の道を選び国際協力機構(JICA)や世界保健機関(WHO)の専門家として中米、アフリカで熱帯病を媒介する昆虫の駆除法開発に携わる。1991年よりJICAの国際協力専門員。2005年よりJICAのリプロダクティブヘルス・プロジェクトリーダーとしてインド滞在。主著に『面白く学ぶネパール語』(国際語学社)、共著に林俊行編『国際協力専門員 技術と人々を結ぶファシリテータたちの軌跡』(新評論)がある。

小社刊の山形洋一の著作物
[『土』の言霊 歌人節のオノマトペ]
[節の歳時記 農村歌人長塚節の自然観]
[長塚節「羇旅雑咏」 現場で味わう136首]
[慕倣 みっしりずしり:長塚節と藤沢周平]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
長塚節「土」の世界
写生派歌人の長篇小説による明治農村百科
山形洋一 著
2,500円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷