未知谷の刊行物【国内文学】



 
慕倣 みっしりずしり:長塚節と藤沢周平
山形洋一 著
四六判上製256頁 2,800円(税別)
ISBN978-4-89642-582-6 C0095



藤沢周平は『白き瓶 小説 長塚節』で吉村英治文学賞を受賞
長塚節の熱烈な崇拝者だった
文壇に属さず、独りで文章を磨いてきた藤沢の
ひとつの拠り所だったと思われる節の散文長篇
『土』の模倣は読者が気づくことを恐れるより、
むしろ期待しながらの作業だったと思われる。
70を超える藤沢の作品の随所を例示する
慕うからこその模倣の痕跡、藤沢文学味読の可能性


目  次

まえがき

序章 『蝉しぐれ』の甘さを引き締める『土』の隠し味

第一章 『土』を踏まえた人物造形
31 
  第一節 卯平
31 
  第二節 お品
34 
  第三節 おつぎ
37 
  第四節 勘次・嘉吉
50 
  第五節 おつたと彦次
54 
  第六節 長塚節と縁のある女性名の借用
59 
第二章 暗さの表現
71 
  第一節 鼻を衝く異臭
72 
  第二節 病いの描写
91 
第三章 「もの」で書かれる情念
103 
  第一節 デビュー作で荒れ狂う「もの」
103 
  第二節 『土』の「或物」
108 
  第三節 秘剣を振るわせる「もの」
115 
  第四節 市井に生きる「もの」
131 
  第五節 旅する詩人たち
144 
  第六節 家柄というもの
160 
第四章 自然と農村へのまなざし
166 
  第一節 音と光の点滅
167 
  第二節 光と影の二色刷り
180 
  第三節 農民の季節感
195 
第五章 貧とユーモア
205 
  第一節 慎ましさと贅沢
205 
  第二節 ユーモア
217 
終章 『漆の実のみのる国』:貧と闘う「文学」
239 
参考文献
251 
あとがき
252 

山形洋一 [やまがた よういち]
1946年大阪生まれ、東京大学農学部卒、農学博士(応用昆虫学)。世界保健機関(WHO)の専門家としてブルキナファソ、トーゴ赴任、国際協力機構(JICA)専門家としてグアテマラ、タンザニア、インド、ミャンマー赴任、熱帯病媒介昆虫の駆除や地域保健サービス向上に従事。途上国における業務への参考として日本の農村貧困の記録に興味を持ち、長塚節の研究をはじめる。2014年よりフリー。主著に『長塚節「土」の世界』『『土』の言霊』『節の歳時記』『長塚節「羇旅雑咏」』(未知谷)。

小社刊の山形洋一の著作物
[長塚節「土」の世界 写生派歌人の長篇小説による明治農村百科]
[『土』の言霊 歌人節のオノマトペ]
[節の歳時記 農村歌人長塚節の自然観]
[長塚節「羇旅雑咏」 現場で味わう136首]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
慕倣 みっしりずしり:長塚節と藤沢周平
山形洋一 著
2,800円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷