未知谷の刊行物【国内文学】



 
『土』の言霊 歌人節のオノマトペ
山形洋一 著
四六判上製320頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-368-6 C0095



『土』に登場するオノマトペの数、計四三八種!
日本文学史上類を見ない「長篇散文詩」として『土』を読みなおし
オノマトペに秘められた 愛と苦と戯れを深く味わう試み

 
読解編:オノマトペの生態学
音韻編:オノマトペの形態学
歴史編:和語オノマトペ進化論
和歌編:詩語としてのオノマトペ
語彙編:オノマトペの標本棚
 
・概念に結びつかないオノマトペを、試みに「パトスの言語」と呼んでみる。
・節は『土』執筆の前年、「寫生斷片」に、「余は天然を酷愛す」と書いた、その「酷愛」を「パッション」と訳せば、節の心に近づけるのではないか。
・パトス・パッションの文学を味読するのに、パトスの言語であるオノマトペが鍵になるのではないか。
 
これらをヒントに『土』を読みなおしてみると、たしかにお品の病苦や、卯平の老衰などの描写で、オノマトペが活きていることが確認できるが、与吉の成長やおつぎの抑圧された性にも、音喩の工夫が見られる。つまりオノマトペはパトスだけでなく、エロスの言語でもあり、その両義性こそ「酷愛」と重なる。
だが「酷愛」にとらわれすぎて、オノマトペがもつ「あそび」の側面を見落としてもつまらない。『土』のオノマトペの相対位置をよく見ると、あちこちにことば遊びが隠されているのである。
(「はじめに」より)


目  次

はじめに

読解編 音喩で味わう『土』の細部と構造
13 
勘次 貧しい小作人の典型
13 
卯平 老いの僻み
24 
おつぎ おぼこな主婦
33 
お品 永遠に女性的なるもの
45 
与吉 誇張された孤独
51 
土くさい脇役たち
58 
散文詩のことばあそび
67 
音韻編 オノマトペのリズムと音色
89 
リズム
90 
母音
96 
子音
103 
方言オノマトペ
104 
歴史編 『土』以前の近代文学における和語オノマトペ
107 
一八八二(明治一五)年頃 三遊亭円朝作『真景累ヶ淵』
109 
一八八八(明治二一)年 二葉亭四迷訳「あひゞき」
111 
一八九八(明治三一)年 国木田独歩「(今の)武蔵野」
117 
一九〇〇(明治三三)年 徳富蘆花「自然と人生」
120 
一九〇〇(明治三三)年 言文一致唱歌
122 
一九〇六(明治三九)年 島崎藤村『破戒』
124 
一九〇八(明治四一)年 伊藤左千夫『隣の嫁』
130 
一九〇八(明治四一)年 高浜虚子「俳諧師」「続俳諧師」
136 
一九〇九(明治四二)年 田山花袋『田舎教師』
139 
一九一〇(明治四三)年 石川啄木歌集『一握の砂』
145 
和歌編 歌の中のオノマトペ
153 
和歌の句法とオノマトペのリズム
154 
和歌のオノマトペ事例
156 
語彙編 『土』のオノマトペ集
177 
語基一音節
178 
語基二音節
210 
その他の形、方言オノマトペを含む
304 
参考文献
311 
あとがき
317 

山形洋一 [やまがた よういち]
1946年大阪生まれ。東京大学農学部卒、農学博士(応用昆虫学)。71年日本のNGOの手伝いでネパール滞在。72年インドを三等列車で周遊。インド復帰を夢見て国際協力の道を選び、国際協力機構(JICA)や世界保健機関(WHO)の専門家として中米、アフリカで熱帯病を媒介する昆虫の駆除法開発に携わる。1991年よりJICAの国際協力専門員。2011年よりJICAの主要感染症対策プロジェクトリーダーとしてミャンマー滞在。主著に、『長塚節「土」の世界』(未知谷)、『面白く学ぶネパール語』(国際語学社)、共著に林俊行編『国際協力専門員 技術と人々を結ぶファシリテータたちの軌跡』(新評論)がある。

小社刊の山形洋一の著作物
[長塚節「土」の世界 写生派歌人の長篇小説による明治農村百科]
[節の歳時記 農村歌人長塚節の自然観]
[長塚節「羇旅雑咏」 現場で味わう136首]
[慕倣 みっしりずしり:長塚節と藤沢周平]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
『土』の言霊 歌人節のオノマトペ
山形洋一 著
3,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷