未知谷の刊行物【海外文学】



 
ギーターンジャリ
ラビンドラナート・タゴール 著 / 内山眞理子 訳
四六判上製320頁 3,000円(税別)
ISBN978-4-89642-593-2 C0098



アジアで初のノーベル文学賞受賞(一九一三年)
インドの詩聖・代表作
 
ベンガル語原本
ギーターンジャリ 157篇
 
自ら英語散文詩とし
ノーベル文学賞受賞作となった
歌の捧げもの   103篇
(イェイツ序文)
 
すべてを一冊に収録!


目  次

訳者まえがき

ギーターンジャリ ベンガル語本

    詩篇の日付と地名について
176 
歌の捧げもの ギーターンジャリ英訳散文詩集
181 
    W・イェイツによる序文
183 
訳者あとがき
305 
詳細目次
308 

ラビンドラナート・タゴール
[Rabindranath Tagore]
(1861―1941)
英国統治下のインド・コルカタに生まれる。1913年、英語散文詩集『ギーターンジャリ 歌の捧げもの』によりノーベル文学賞を受賞。欧州以外で初のノーベル賞受賞であった。神秘的で純粋な詩精神にあふれ、愛と情熱のほとばしる詩や歌を母語ベンガル語で数多くあらわす。80年余の生涯をつうじてインドは苦難と混沌の時代にあり、人びとが真に自立の精神に覚醒することをねがった。
真実をもとめ理性にもとづいて果敢に行動する詩人であったことは重要である。人間の尊厳への透徹した眼差しをもち、きわめて知的で普遍的なヒューマニストであった。しばしばヒューマニズムの唱道者とも呼ばれる。
第一義的に詩人であり、同時に音楽家であった。ベンガルの村を遍歴するバウルの歌を愛し、歌はベンガルの心を代表すると考えて、その伝承旋律をしばしば自作歌にもちいた。インドとバングラデシュ両国の国歌はタゴールの作詩作曲である。
ベンガル語による詩集に『マノシ(心のひと)』『黄金の小舟』『束の間のもの』『渡し舟』『おさなご』『ギタンジョリ(ギーターンジャリ)』『渡り飛ぶ白鳥』『木の葉の皿』『シャナイ笛』など。小説に『ゴーラ』『家と世界』『最後の詩』『四つの章』ほか。多くの戯曲や舞踊劇があり、二千曲ともいわれる詩人の歌を集めた『歌詞集』がある。
注目すべき英語講演集に『サーダナー(生の実現)』(1912〜13年米国での講演)と『人間の宗教』(1930年英国オックスフォード大学での連続講演)がある。
 
内山眞理子 [うちやま まりこ]
インド西ベンガル州シャンティニケトンにあるタゴールの大学ビッショ・バロティVisva-Bharati哲学研究科にてタゴールの思想を学ぶ。ベンガル語からのタゴール作品翻訳書として『もっとほんとうのこと』(段々社)、『ベンガルの苦行者』『お母さま』『わが黄金のベンガルよ』(いずれも未知谷)、英語からの翻訳書に『迷い鳥たち』(未知谷)ほか。著書にベンガルの吟遊詩人バウルを紹介した歌紀行『ベンガル夜想曲(愛の歌のありかへ)』(柘植書房新社)がある。

小社刊のラビンドラナート・タゴールの著作物
[ベンガルの苦行者]
[迷い鳥たち Stray Birds]
[お母さま]
[わが黄金のベンガルよ]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ギーターンジャリ
ラビンドラナート・タゴール 著
3,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷