未知谷の刊行物【国内文学】



 
蚕の城 明治近代産業の核
馬場明子 著
四六判上製160頁 1,600円(税別)
ISBN978-4-89642-478-2 C0095



日本の遺伝学は蚕(絹織物産業)から始まった!
 
明治日本の近代化の礎として世界遺産に登録された富岡製糸場と絹産業遺産群。その一つ、荒船風穴に代表される蚕の種(卵)を保存する技術は、3・11以降、遺伝学研究にとって非常に重要なものとなっている。
カイコをめぐって発達した産業と学問の、黎明期から現在まで。
明治以来、連綿と続く、カイコの遺伝学を中心に。


目  次

第一章 風穴
 
蚕日記1 長野の風穴

蚕日記2 掃立て
10 
蚕日記3 風穴の本家本元
12 
蚕日記4 前田家の歴史
13 
蚕日記5 先生のふるさと
18 
蚕日記6 選抜種
22 
蚕日記7 蚕が結ぶ糸
24 
第二章 蚕の明治維新
 
蚕日記8 世界遺産の風穴
28 
蚕日記9 蚕の種イタリアへ
31 
蚕日記10 清涼育
33 
蚕日記11 風穴界の覇王
36 
第三章 日本の遺伝学は蚕から始まった
 
蚕日記12 天才の登場
42 
蚕日記13 蚕の顔
44 
蚕日記14 一蛾飼育
47 
蚕日記15 発見への道
49 
蚕日記16 ハイブリドなおかいこさま
51 
蚕日記17 蚕種論
53 
蚕日記18 天才の生涯
56 
第四章 田中義麿の功績
 
蚕日記19 遺伝学の鼓動
60 
蚕日記20 カイコの城
62 
蚕日記21 DNA前夜
66 
蚕日記22 染色体地図
69 
蚕日記23 満鉄一号
72 
蚕日記24 後に続く者
74 
第五章 飛翔するカイコ
 
蚕日記25 カイコのご先祖様
78 
蚕日記26 日本最古の絹
80 
蚕日記27 27と28
84 
第六章 突然変異の発見
 
蚕日記28 運命のセーブル
90 
蚕日記29 これは大変だ
92 
蚕日記30 トンネルの中
95 
蚕日記31 トンネルを抜けて
97 
第七章 世界最大のコレクション
 
蚕日記32 p22
106 
蚕日記33 形質検査
110 
蚕日記34 カイコの辞書
114 
蚕日記35 先生の大発見
118 
蚕日記36 綿蚕のルーツ
119 
蚕日記37 コレクション第一号
122 
第八章 コレクションを守る求道者たち
 
蚕日記38 淡々系
126 
蚕日記39 カイコの強運
130 
蚕日記40 世間離れ
134 
第九章 命をつなぐ
 
蚕日記41 メンデルの庭
140 
蚕日記42 遺伝学のバイブル
145 
蚕日記43 五月の風
147 
あとがき
151 

馬場明子 [ばば あきこ]
1973年県立福岡女子大学卒業後、テレビ西日本入社。アナウンサーを経て制作部ディレクターに。「螢の木」で芸術選奨新人賞受賞。他に、炭坑を舞台にした「コールマインタワー〜ある立て坑の物語〜」、チェルノブイリを取材した「サマショール」など、ドキュメンタリーを数多く手がける。元久留米大学非常勤講師。著書に『螢の木』『筑豊 伊加利立坑物語』(未知谷)がある。

小社刊の馬場明子の著作物
[螢の木 ニューギニア戦線の鎮魂]
[筑豊 伊加利立坑物語]
[加納光於と60年代美術 「金色のラベルをつけた葡萄の葉」を追って]
[誰も知らない特攻 島尾敏雄の「震洋」体験]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
蚕の城 明治近代産業の核
馬場明子 著
1,600円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷