未知谷の刊行物【芸術】



 
ダニ・カラヴァン 遠い時の声を聴く
酒井忠康 著
四六判上製240頁 2,400円(税別)
ISBN978-4-89642-375-4 C0071



カラヴァンのもっとも根本的なモティーフは「平和」である。彼はいつだって、その「平和」を脅かす力には、断固として抗議する姿勢を崩すことなく今日に及んでいる。……テル・アヴィヴから南に約八〇キロのところにべエル・シェバという町がある。そこは「創世記」以来の伝説の町だが、《ネゲヴ記念碑》は近くの丘につくられている。その巨大な全容を評して、ピエール・レスタニーは、砂漠のなかの「彫刻の村」のようだと形容したが、一種の「地霊」との対話を示す不思議な「場」ともなっていた。わたしには容赦ない砂漠のいとなみと、人間の意志との不断の闘いを示しているように思えた。砂漠を吹きぬける風を肌に感じ、その風が記念碑のなかで微かな音を立てているのを耳にした。
車のなかでカラヴァンが遠い時の声を聴くように、ヘブライ人の先祖アブラハムにまつわる話をしてくれたのを思い出す。(「まえがき」より)


目  次

まえがき

消えた墓標 ベンヤミン追悼の記念碑
13 
オリーブの葉
23 
遠い時の声
 1 カラヴァンと日本 35
 2 ベルリン日記 51
 3 ヤコブの梯子 61
 4 長崎日記 69
35 
ダニ・カラヴァンに関する「備忘録」
79 
ダニ・カラヴァンを紹介された日
107 
ダニ・カラヴァンと共に
 1 記憶の装置 112
 2 奇跡の芸術家 117
 3 時の川 119
 4 太陽の道 122
112 
生きた彫刻公園
129 
彫刻の理想郷 歳月とともに育むもの
138 
作家と語る
146 
ハヴァ・カラヴァンによるインタビュー
165 
赤い橋
180 
残照 ダニ・カラヴァン回顧展
186 
砂のドローイング
199 
平和への道
207 
あとがきにかえて
213 
初出一覧
224 
略年譜
234/i 

酒井忠康 [さかい ただやす]
1941年北海道生まれ。慶應大学文学部卒。1964年神奈川県立近代美術館に勤務。同美術館館長を経て、現在、世田谷美術館館長。1986、88年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、89、91年サンパウロ・ビエンナーレ日本展示キュレーターなどをつとめる。幕末明治期の美術をテーマとした『海の鎖』『開化の浮世絵師清親』で注目され、その後、美術評論家としても活躍。著書に『野の扉』『影の町』『時の橋』『遠い太鼓』(以上小沢書店)、『若林奮 犬になった彫刻家』『鞄に入れた本の話』(以上みすず書房)、「現代彫刻の世界」のサブタイトルをもつ『彫刻の庭』『魂の樹』『森の掟』『彫刻の絆』(以上小沢書店)、『彫刻家への手紙』『彫刻家との対話』(以上未知谷)、『早世の天才画家』(中公新書)、また郷里の少年期を描いた童話集『海にかえる魚』(未知谷)などがある。

小社刊の酒井忠康の著作物
[海にかえる魚]
[彫刻家への手紙 現代彫刻の世界]
[彫刻家との対話 現代彫刻の世界]
[ある日の画家 それぞれの時]
[ある日の彫刻家 それぞれの時]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ダニ・カラヴァン 遠い時の声を聴く
酒井忠康 著
2,400円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["芸術"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷