未知谷の刊行物【海外文学】



 
コンラット・ヴァレンロット
歴史物語――リトアニア人とプロイセン人の故事より
《ポーランド文学古典叢書》第4巻

アダム・ミツキェーヴィチ 著 / 久山宏一 訳
四六判上製240頁 2,500円(税別)
ISBN978-4-89642-704-2 C0398



ポーランド語に「ヴァレンロット主義」なる語を生んだ
国民的詩人の代表作
 
「主人公の悲劇的な自己分裂――彼は祖国愛のために、個人の幸福、名声(騎士の誇り)、そして永遠の幸福(魂の救済)を放棄する。これは、目的=至高の価値としての祖国愛のために騎士にふさわしくない方法(裏切りと詐術)を用いた結果である」(本書解説、『ミツキェーヴィチ事典』よりの引用)


目  次

まえおき

序詩
11 

16 
II
27 
III
40 
IV
63 

119 
VI
134 
附録 『コンラット・ヴァレンロット』――加藤朝鳥による翻訳と言及
161 
解説
203 

アダム・ミツキェーヴィチ [Adam Mickiewicz]
1798年ザオシェ(またはノヴォグルデク)生、1855年イスタンブール没。ロマン主義詩人、文学史家、思想家、政治家。ヴィルノ大学在学中から、愛国的運動に参加。1824年ロシアに流刑され、1829年出国。1832年にパリに定住。1839〜40年スイスのローザンヌで教鞭をとり、1841〜44年にはコレージュ・ド・フランスでスラヴ文学を講義した。クリミア戦争に際して、ポーランド義勇軍を組織しようとしたが病に倒れた。代表作は『バラードとロマンス』(1822)『父祖の祭』(1923〜33)『ソネット集』(1826)『コンラット・ヴァレンロット』 (1828)『パン・タデウシュ』(1934)。
 
久山宏一 [くやま こういち]
1958年、埼玉県生まれ。東京外国語大学卒、早稲田大学大学院博士後期課程中退。アダム・ミツキェーヴィチ大学(ポーランド・ポズナン市)より文学博士号(スラヴ文学)取得。東京外国語大学など非常勤講師。ロシア・ポーランド文化研究、ポーランド語通訳。著者に『ミツキェーヴィチのソネットとロマン主義期のロシア・ソネット』(ポーランド語)、訳書にアダム・ミツキェーヴィチ『ソネット集』(ポーランド文学古典叢書第2巻、未知谷)、スタニスワフ・レム『大失敗』(国書刊行会)、共訳書にヴァンダ・ヴェルテンシュタイン編『アンジェイ・ワイダ 自作を語る』(平凡社)、アンジェイ・ムラルチク『カティンの森』(集英社)などがある。

小社刊のアダム・ミツキェーヴィチの著作物
[ソネット集 Sonety 《ポーランド文学古典叢書》第2巻]
[バラードとロマンス 《ポーランド文学古典叢書》第3巻]
[祖霊祭 ヴィリニュス篇 《ポーランド文学古典叢書》第8巻]
 
ポーランド古典文学叢書
[挽歌 Treny 《ポーランド文学古典叢書》第1巻]
[ソネット集 Sonety 《ポーランド文学古典叢書》第2巻]
[バラードとロマンス 《ポーランド文学古典叢書》第3巻]
[ディブック ブルグント公女イヴォナ 《ポーランド文学古典叢書》第5巻]
[ヴィトカツィの戯曲四篇 《ポーランド文学古典叢書》第6巻]
[人形 《ポーランド文学古典叢書》第7巻]
[祖霊祭 ヴィリニュス篇 《ポーランド文学古典叢書》第8巻]
 
小社刊のポーランド文学関連の著作物
[ポーランド文学史]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
コンラット・ヴァレンロット 歴史物語――リトアニア人とプロイセン人の故事より
《ポーランド文学古典叢書》第4巻

アダム・ミツキェーヴィチ 著
2,500円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷