未知谷の刊行物【海外文学】



 
人形
《ポーランド文学古典叢書》第7巻

ボレスワフ・プルス 著 / 関口時正 訳 / 菊地信義 装幀
四六判上製1248頁 6,000円(税別)
ISBN978-4-89642-707-3 C0398



沼野充義氏激賞!
ポーランド近代小説の最高峰の、これ以上は望めないほどの名訳。19世紀の社会史を一望に収めるリアリズムと、破滅的な情熱のロマンが交錯する。これほどの小説が今まで日本で知られていなかったとは!
 
「僕の考えでは、これほど重要で、これほど美しいポーランド語の小説はない。本当のところ――トルストイ、フロベール、ドストイェフスキー…といった作家たちの最高傑作との比較に堪えうる唯一のポーランド語の偉大な小説だ」(ポーランドの現代詩人ブロニスワフ・マイの発言 2017)
 
19世紀中葉のワルシャワを舞台に展開するこの長篇は24ヶ国語に翻訳され、世界中で愉しまれる古典中の古典。ようやく邦訳されこの国の読者に読まれることとなった――


目  次

第一章  酒瓶のレンズ越しに眺めたJ・ミンツェル&S・ヴォクルスキ商会

第二章  老店員の采配ぶり
15 
第三章  老店員の備忘録 1
27 
第四章  帰還
46 
第五章  お殿様の民主化と上流社会のお嬢様の夢
63 
第六章  どのようにして古い地平線上に新しい人々が登場してくるのか
83 
第七章  蛇にまみえるべく出かける鳩
110 
第八章  瞑想
122 
第九章  色々な世界の人々が出会う歩道橋
156 
第十章  老店員の備忘録 2
202 
第十一章 昔の夢と新しい知人たち
264 
第十二章 他人のために歩き回る
302 
第十三章 殿様方の娯楽
333 
第十四章 乙女の夢
369 
第十五章 激情はどのように、また良識はどのように人間の魂を揺さぶるか
390 
第十六章 「彼女」――「彼」――そしてその他の人々
402 
第十七章 さまざまな種子、妄想の芽生え
418 
第十八章 老店員の驚愕、幻覚、観察
446 
第十九章 最初の警告
493 
第二十章  老店員の備忘録 3
540 
第二十一章 老店員の備忘録 4
582 
第二十二章 灰色の日々と血の滲むような時間
621 
第二十三章 幻
666 
第二十四章 恋する幸せ者
706 
第二十五章 田園の遊び
721 
第二十六章 一つ屋根の下で
757 
第二十七章 森と廃墟と魔法と
787 
第二十八章 老店員の備忘録 5
830 
第二十九章 老店員の備忘録 6
857 
第三十章  老店員の備忘録 7
904 
第三十一章 貴婦人たちと女ども
939 
第三十二章 眼はどのようにして開き始めるのか
965 
第三十三章 和解した夫婦
1006 
第三十四章 時は過ぎ去り、永遠は留まる
1023 
第三十五章 老店員の備忘録 8
1048 
第三十六章 嗜眠状態の魂
1068 
第三十七章 老店員の備忘録 9
1167 
第三十八章 ……?……
1173 
解説
1215 

ボレスワフ・プルス [Bolesław Prus]
1847年フルビェシュフ(ポーランド)生、1912年ワルシャワ没。近代ポーランド語文学を代表する評論家・小説家。ロマン主義を克服しようとするポズィティヴィズム運動の主要な論客、活動家の一人。生涯の大半をワルシャワを中心とするロシア領ポーランドで過ごし、ジャーナリストとしての仕事のかたわら、多様な社会福祉活動を自ら実践した。小説の代表作には『人形』、『ファラオ』、『前哨地』がある。
 
関口時正 [せきぐち ときまさ]
東京生まれ。東京大学卒。ポーランド政府給費留学(ヤギェロン大学)。1992〜2013年、東京外国語大学でポーランド文化を教える。同大名誉教授。著書に『ポーランドと他者』(みすず書房)、Eseje nie całkiem polskie(Universitas, Kraków)、訳書にJ. コハノフスキ著『挽歌』、A. ミツキェーヴィチ著『バラードとロマンス』、S. I. ヴィトキェーヴィチ著『ヴィトカツィの戯曲四篇』(以上、未知谷)、J. イヴァシュキェヴィッチ著『尼僧ヨアンナ』(岩波文庫)、J. コット著『ヤン・コット 私の物語』(みすず書房)、C. ミウォシュ著『ポーランド文学史』(共訳、未知谷)、『ショパン全書簡1816〜1830年――ポーランド時代』(共訳、岩波書店)、S. レム著『主の変容病院・挑発』(国書刊行会)などがある。

ポーランド古典文学叢書
[挽歌 Treny 《ポーランド文学古典叢書》第1巻]
[ソネット集 Sonety 《ポーランド文学古典叢書》第2巻]
[バラードとロマンス 《ポーランド文学古典叢書》第3巻]
[コンラット・ヴァレンロット 歴史物語――リトアニア人とプロイセン人の故事より 《ポーランド文学古典叢書》第4巻]
[ディブック ブルグント公女イヴォナ 《ポーランド文学古典叢書》第5巻]
[ヴィトカツィの戯曲四篇 《ポーランド文学古典叢書》第6巻]
[祖霊祭 ヴィリニュス篇 《ポーランド文学古典叢書》第8巻]
 
小社刊のポーランド文学関連の著作物
[ポーランド文学史]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
人形
《ポーランド文学古典叢書》第7巻
ボレスワフ・プルス 著
6,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷