未知谷の刊行物【国内文学】



 
イビサ島のネコ
谷口江里也 著
四六判上製240頁 2,400円(税別)
ISBN978-4-89642-491-1 C0095



満月の夜ネコたちは噂話に花を咲かせる
話題に上るイビサ島の人間は、誰も彼も
ネコたちが呆れるほど変わっていて……

 
既存の価値観にすり寄っては生きられない
だが、何を恃みに生きるべきか分からない
つまり、生きている世界がしっくりこない
折から美しい旋律に乗った♪バルセローナ
 
青年はスペインへ、イビサ島に移り住んだ
誰もがそこを自分のための場所だと思える
地中海に浮かぶ地上の楽園、そこイビサで
著者はさまざまなネコに出会うことになる
 
島は田舎なのに風俗がとんがっていて
奇妙な人間たちが世界中からやって来る
人がその人らしく生きられる自由都市イビサ
世界中から集まる奇人とネコそれぞれの物語


目  次

プロローグ ネコの会議

第一話   マーゴとピーニャ
13 
第二話   トラコとパブロ
22 
第三話   トムとスーザン
31 
第四話   ピーターとライアン
39 
第五話   ガルボとカトリーヌ
49 
第六話   ポブレとハンナ
57 
第七話   エル・レイ・デル・オリエンテとサルバドール
65 
第八話   バルコとマルガリータ
77 
第九話   ボニータとジャン・ミッシェル
84 
第十話   マネとエルミア
92 
第十一話  チューロとカルロス
100 
第十二話  トントとフランシスコ
107 
第十三話  ガウディとジョアキン
114 
第十四話  バルバとビオレッタ
122 
第十五話  カラテとアレハンドロ
130 
第十六話  アヴァロンとリチャード
139 
第十七話  トラとロベルト
146 
第十八話  ロックとマルク
154 
第十九話  ウルフとカラカス
161 
第二十話  トラとアルフォンソ
168 
第二十一話 ソリータとホルヘ
176 
第二十二話 ブランカとルイス
185 
第二十三話 アイレとルシーダ
192 
第二十四話 アルコとカヤーン
201 
第二十五話 アルテとペドロ
208 
第二十六話 ダルトとキャシー
218 
第二十七話 トラとエステバン
227 

谷口江里也 [たにぐち えりや]
詩人、ヴィジョンアーキテクト。1948年生まれ、石川県加賀市出身、横浜国立大学建築学科卒。中学時代から、詩と絵画と建築とロックミュージックに強い関心を抱く。1976年にスペインに移住。バルセロナとイビサ島に居住し、多くのアーティストや知識人たちと親交を深める。帰国後、イマジネーションと変化のダイナミズムをテーマに、ヴィジョンアーキテクトとして、エポックメイキングな建築空間創造などを行なうと共に、言葉による空間創造として多数の著書を執筆。音羽信という名のシンガーソングライターでもある。主な著書に『画集ギュスターヴ・ドレ』(講談社)、『1900年の女神たち』(小学館)、『ドレの神曲』『ドレの旧約聖書』『ドレの失楽園』『ドレのドン・キホーテ』(以上、宝島社)、『鳥たちの夜』『鏡の向こうのつづれ織り』『空間構想事始』(以上、エスプレ)など。主な建築空間創造に《東京銀座資生堂ビル》《ラゾーナ川崎プラザ》《レストランikra》《軽井沢の家》などがある。

小社刊の谷口江里也の著作物
[天才たちのスペイン]
[旧約聖書の世界]
[ロス・カプリチョス 視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第一版画集]
[戦争の悲惨 視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第二版画集]
[ラ・タウロマキア(闘牛術)/ロス・ディスパラテス
視覚表現史に革命を起した天才ゴヤの第三・四版画集
]
[随想 奥の細道 今こそ活きる芭蕉のヴィジョン]
[リカルド・ボフィル 作品と思想 RBTAの仕事を通して知る建築的時空間創造]
[理念から未来像へ 憲法を正しく読めばこんな国]
[異説ガルガンチュア物語]
[いまここで]
 
小社刊の音羽信の著作物
[愛歌 ロックの半世紀]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
イビサ島のネコ
谷口江里也 著
2,400円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["国内文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷