未知谷の刊行物【海外文学】



 
森のなかまたち
極東ロシア・アムールの動物たち

フセーヴォロド・P・シソーエフ 著 / 岡田和也 訳 / 森田あずみ 絵
四六判上製224頁 2,200円(税別)
ISBN978-4-89642-333-4 C0097



世界的動物作家による森の物語集 第2弾!!
 
ヒグマ、オオカミ、トナカイ、シマリス、タヌキ…
ロシアを代表する狩人がそっと話してくれた、森の
動物たち、それぞれが主人公の16話。
 
本書は、二〇〇八年秋に『ツキノワグマ物語』を出版していただいてからこの二年ほどの間にこつこつと翻訳してまいりましたシソーエフさんの十六の短篇を収めたものです。いずれも森の動物を主人公にしたこれらの物語を読んでいますと、大きなものも小さなものも、強いものも弱いものも、命あるものはみんな、いつかはこの世での生を終えてどこか遠くへ旅立ってゆく哀しく切なく美しいものである、という気がしてまいります。私はなぜシソーエフさんの作品を翻訳し続けているのでしょう、もしかすると、それは、儚いものの美しさを言葉ではなく沈黙でそっと語ってくれる自然の奥床しさに心を惹きつけられているからかもしれません。みなさんは、この本に描かれた世界をどのようにお感じでしょうか。(「訳者あとがき」より)


目  次

うろつき ヒグマ

灰色 オオカミ
21 
跳ねっ返り イノシシ
41 
金角 アカシカ
53 
ソグジョーイ トナカイ
67 
ソハートゥイ ヘラジカ
81 
ローシカ ヘラジカの子
91 
ヤーシカの珍道中 タヌキ
104 
白首輪 キジ
117 
黒尻尾の旅 リス
130 
森の晴雨計 シマリス
143 
ジュチョークの冒険 クロテン
153 
まだらのペガーシカ ミンク
175 
キリナス オコジョ
185 
ちび助の航海 イイズナ
193 
銀ちゃんの一生 サケ
203 
訳者あとがき
219 

フセーヴォロド・P・シソーエフ
[Всеволод Петрович Сысоев]

1911年ウクライナ・ハリコフ生まれ。モスクワの全ソ連邦毛皮原料畜産大学卒業後、ハバロフスクに移り住む。百頭のクマを仕留め、5頭のトラの生け捕りに参加し、1959年には生後2年のトラをひとりでつかまえた経験がある。作家、探検家、狩猟学者、地理学者、郷土誌研究家、社会活動家と多彩な顔を持ち、1950年『ハバロフスク地方における狩猟』の処女出版以降、極東の自然を舞台にした作品を10数冊上梓、ロシア国内はもとより各国で翻訳される。代表作は『黄金の虎 リーグマ』。
 
岡田和也 [おかだ かずや]
1961年浦和市生まれ。早稲田大学露文科卒。元ロシア国営放送会社「ロシアの声」ハバロフスク支局特派員。訳書に、シソーエフ著/パヴリーシン画『黄金の虎 リーグマ』(新読書社)、ヴルブレーフスキイ著/ホロドーク画『ハバロフスク漫ろ歩き』(リオチープ社)、アルセーニエフ著/パヴリーシン画『デルス・ウザラー』(群像社)、シソーエフ著/森田あずみ絵『ツキノワグマ物語』(未知谷)。
 
森田あずみ [もりた あずみ]
画家。1991年「猫の手帖」イラストコンテスト入賞をはじめ、多くのペット関係イラストコンテストに入賞。『野良猫ムーチョ』『I LOVE CAT & LOST CAT』(テレビ朝日)、『とべないホタル12』『捨て犬ユウヒの恩返し』(ハート出版)、『あちこち草紙』『ツキノワグマ物語』(未知谷)など多数。日本児童美術家連盟会員。HPhttp://www6.ocn.ne.jp/˜azumikam/

小社刊のフセーヴォロド・P・シソーエフの著作物
[ツキノワグマ物語 極東ロシア・アムールの動物たち]
[猟人(かりうど)たちの四季 極東ロシア・アムールの動物たち]
[北のジャングルで 極東ロシア・アムールの動物たち]
[森のスケッチ 極東ロシア・アムールの動物たち]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
森のなかまたち
極東ロシア・アムールの動物たち
フセーヴォロド・P・シソーエフ 著
2,200円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷