未知谷の刊行物【海外文学】



 
ヘフツィール物語 おとぎばなしの動物たちとふたりの女の子の友情についてのたのしくておかしくてほんとうのようなおはなし
アレクサーンドル・レペトゥーヒン 著 / 岡田和也 訳 / きたやまようこ 絵
四六判上製136頁 1,600円(税別)
ISBN978-4-89642-483-6 C8098



ナースチャが生まれると、おはなしの国にも
ウサギのペトローヴィチが生まれました。
ナースチャがパパにおはなしをせがむたび、
やさしいペトローヴィチの冒険が
パパの口から次々と……。
時々、ナースチャにも会いに来て……。
 
*きたやまようこ先生による挿絵36点
*全21話
*小学校中学年から ルビ多数


目  次

作者より

ペトローヴィチ

餌づけ
13 
狩り
18 
三つの願い
23 
悪魔のいたずら
28 
新年の物語
34 
ペトローヴィチと正直なニワトリたち
42 
カーニヴァル
50 
初めての町
56 
忘れられたものたち
62 
おとぎの森のマーシャ
66 
好い日
72 
「ゆかいな」穴からの飛行
78 
春の物語
86 
大旅行
90 

97 
ウサギのサーカス
103 
秋の物語
109 
ふつうのおはなし
114 
トラのおはなし
121 
ペトローヴィチと愛
126 

アレクサーンドル・ペトローヴィチ・レペトゥーヒン
画家、教育者、作家。1948年ソ連邦(現 ロシヤ連邦)ニコラーエフスク=ナ=アムーレ(アムール河口付近の港湾都市)生まれ。1971年ハバーロフスク国立教育大学(現 極東国立人文大学)美術学部を卒業、児童美術学校、普通教育学校、ハバーロフスク国立教育大学で教鞭をとり教材を作成する。1989年より、チター州(現 ザバイカーリエ地方)立美術館、極東美術館、A .M. フェドートフ名称絵画ギャラリー(どちらもハバーロフスク市)、現代芸術ギャラリー『アールトエタージ』(ヴラヂヴォストーク市)などで個展を開催。作品は、ドイツ、スペイン、カナダ、米国、日本の美術館や個人の所蔵品に。創作ジャンルは、肖像画、風景画、挿絵と幅広く、近年は福音書を主題とする絵画シリーズ『道』を制作。文学にも携わり、童話ならびに地元の現代の芸術および文化活動家(イコン画家や詩人など)を紹介する記事を執筆。文学、芸術、学術の分野における功績に対し、ロシヤ文化省、ロシヤ作家同盟、ハバーロフスク市行政府の賞を受賞。著書に『村が男の脇を通った』(1989年)、『ヘフツィール物語』(2006年、全ロシヤP.エルショーフ記念賞)、『新ヘフツィール物語』(2008年)、ダニイール・ハールムス詩集(2009年、挿絵)。ロシヤ美術家同盟会員。
 
岡田和也 [おかだ かずや]
1961年浦和市生まれ。早稲田大学露文科卒。元ロシア国営放送会社「ロシアの声」ハバーロフスク支局特派員。現在、新聞「ロシースカヤ・ガゼータ(ロシア新聞)」翻訳員。訳書に、シソーエフ著/パヴリーシン画『黄金の虎 リーグマ』(新読書社)、ヴルブレーフスキイ著/ホロドーク画『ハバロフスク漫ろ歩き』(リオチープ社)、アルセーニエフ著/パヴリーシン画『デルス・ウザラー』(群像社)、シソーエフ著/森田あずみ絵『ツキノワグマ物語』『森のなかまたち』『猟人たちの四季』『北のジャングルで』『森のスケッチ』(以上未知谷)がある。
 
きたやまようこ
1949年、東京生まれ。文化学院卒業。「ゆうたくんちのいばりいぬ」第1集(あかね書房)で第20回講談社出版文化賞絵本賞を受賞、ほか受賞歴多数。「りっぱな犬になる方法」「いぬうえくんとくまざわくん」「ぼくのポチブルてき生活」などのシリーズも人気を博し、作品はイタリや台湾、中国、タイで翻訳され、国境を越えて高い評価を得ている。絵本の翻訳も多数手がけている。


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
ヘフツィール物語 おとぎばなしの動物たちとふたりの女の子の友情についてのたのしくておかしくてほんとうのようなおはなし
アレクサーンドル・レペトゥーヒン 著
1,600円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷