未知谷の刊行物【海外文学 / チェーホフ・コレクション】



 
泥棒たち
アントン・P・チェーホフ 作 / ワレンチン・オリシヴァング 絵 / 中村喜和 訳
A5判上製64頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-273-3 C0097



吹雪の中の迷い道
ようやく辿り着いた宿屋には
悪名高き、馬泥棒たち……
果たして、准医師エルグノフは
馬を盗まれずに朝を迎えられるのか?
物事に動じない粗野で逞しい彼らと
官能的な宿の二十歳の娘に
エルグノフは魂の自由を見る――

 
ロシア・アニメの巨匠Y.ノルシュテインの
美術監督が描く、チェーホフの世界
チェーホフ・コレクション第14弾

アントン・P・チェーホフ
[Anton Pavlovich Chekhov]
(1860―1904)
庶民の子として生まれ、中学の頃から苦学を重ねた。モスクワ大学医学部在学中も家計を助けるため、ユーモラスな短篇を多数の雑誌に発表。社会的関心も高く、結核を患いつつ社会活動や多彩な創作を展開した。本書「泥棒たち」の他「カシタンカ」「ステーピ」「サハリン島」「中二階のある家」「犬を連れた奥さん」等の中・短篇、四大戯曲といわれる「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」等がある。鋭い視線で市井に取材し、ありふれた出来事の中に人生の深い意味を描き込み、社会の醜さを描きながらも明るい未来を予感させる作品が多い。
 
ワレンチン・オリシヴァング
1961年スヴェルドロフスク(現エカテリンブルク)生まれ。1980年スヴェルドロフスク美術学校演劇美術科修了。1981―86年国立モスクワ映画大学アニメーション美術監督科(V.クルチェフスキー・スタジオ)で学び、卒業後、スヴェルドロフスク映画撮影所でアニメーション映画の美術監督及び助監督として働く。1997年Y.ノルシュテイン・スタジオのシナリオライター及び監督上級コースの聴講生となり、現在、同スタジオの美術監督。美術監督作品に『おやすみなさい、子どもたち』(ノルシュテイン監督/2000)、『外套』(同/制作中)他、監督作品に『ピンク・ドール』(1997)、『ざりがにについて』(2003)他、絵本挿絵に『ハリネズミと金貨』『ワニになにがおこったか』(偕成社)がある。現在、モスクワ在住。
 
中村喜和 [なかむら よしかず]
一橋大学でロシア語を学ぶ。日本貿易振興会勤務の後、東京大学、一橋大学、共立女子大学で、ロシア語を教える。専攻はロシア文化史。日露関係史にも関心をもち、論考を発表。著書・訳書は『ロシア中世物語集』(筑摩書房)、『ロシア民話集』(上下、岩波文庫)、『聖なるロシアを求めて』(平凡社、大佛次郎賞受賞)、『ロシアの風』(風行社)、『箱に入った男』『僧正』『恋について』(未知谷)等。

チェーホフ・コレクション
[中二階のある家 ある画家の物語]
[カシタンカ]
[ロスチャイルドのバイオリン]
[チェーホフとの恋]
[大学生]
[可愛い女]
[たわむれ]
[北ホテル48号室 チェーホフと女性たち]
[すぐり]
[少年たち]
[いいなずけ]
[箱に入った男]
[僧正]
[恋について]
[谷間で]
[黒衣の修道僧]
[チェーホフ自身によるチェーホフ]
[首にかけたアンナ]
[エゴール少年 大草原の旅]
[モスクワのトルゥブナヤ広場にて]
[ワーニカ]
[チェーホフのこと]
[チェーホフさん、ごめんなさい!]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
泥棒たち
アントン・P・チェーホフ 作
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ]["チェーホフ"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷