未知谷の刊行物【海外文学】



 
初期 1912―1914 あるいは処女詩集から
ボリース・パステルナーク 著 / 工藤正廣 訳・解説
四六判上製96頁 1,200円(税別)
ISBN4-89642-051-9 C0098



詩人は泣く、詩の中で慟哭する。それは、宇宙が泣くということ、つまり、人の内なる魂が泣いているということだ――
 
二月のモスクワ、一番の凍寒が緩み始める二月の半ば、そのあとにやって来るのはいよいよ春なのである。三月ともなれば、本当の春が待ち遠しくて人々は気が狂いそうになる。パステルナークは、狂おしい程の雪解けの自然力と詩の出来上がるのを一つのことのように捉えて詩作する。
『初期 1912―1914』は宇宙の響=人間の生の意味を探る詩人の鮮烈なデビュー作といえる。

二月だ インクをとって泣け!
泣きじゃくりながら二月について書け
ざんざめく霙の雨が
黒い春となって燃えているあいだに
 
疾走する辻馬車をつかまえよ 60カペイカで
教会のミサの刻をつげる鐘の音 車輪の叫びをくぐりぬけ
そこ どしゃぶり雨がインクよりも涙よりも
もっとざんざめく場末へ駆けつけよ
 
そこでは焼け焦げた梨のように
無数のミヤマガラスたちが
木々から一斉に水溜りたちへ落下し
乾いた寂寥を眼底に浴びせるのだ
 
その寂寥によって雪解け箇所は黒ずむ
風は叫喚によって引っかき回される
そして 偶然であればあるほど忠実に
泣きじゃくりながら一篇の詩はできていく
 
「二月だ インクをとって泣け!」より


目  次

対話 パステルナークの『初期』について

初期
〈二月だ インクをとって泣け!〉 18/〈焼炉の青銅灰みたいにカブトムシたちを〉 20/〈きょうは奴の憂愁を演じてやろう――〉 22/〈詩の竪琴の迷宮へ〉 24/夢 26/〈ぼくは成長した ガニュメデスのようにぼくを〉 28/〈きょうみんなはコートを着て出かける〉 30/〈きのう子供になって寝入ったものたちは〉 32/発着駅  35(*ロシア語原詩 38/*ローマ字翻字 39)/ヴェネツィア 40/冬 43/酒宴の日々 46/〈夜明け前の広場の とどろき鳴り響く〉 48/冬夜 50
18 
補選 『雲の中の双生児』初出篇から
森の言葉 54/〈夜明けの広場の〉 56/〈囚われのセルビア女のように〉 58/〈蝋燭の灯りがどんなに力んでも日は昇らない〉 60/双子座 62/発着駅 64
54 
この訳詩集のためのエッセー 解説にかえて
69 
〈〉付きのタイトルは原書では無題

小社刊のボリース・パステルナークの著作物
[わが妹人生 1917年夏]
[バリエール越え 1914―1916]
[晴れよう時 1956―1959]
[早朝列車で 1936―1944]
[第二誕生 1930―1931]
[主題と変奏 1916―1922]
[リュヴェルスの少女時代]
[物語]
[パステルナーク全抒情詩集]
[ドクトル・ジヴァゴ]
 
小社刊の工藤正廣の著作物
[TSUGARU (つがる)――物語の声・文体論レッスン――]
[ロシアの恋]
[片歌紀行 今に生きる建部綾足]
[永遠と軛 ボリース・パステルナーク評伝詩集]
[アリョーシャ年代記 春の夕べ]
[いのちの谷間 アリョーシャ年代記2]
[雲のかたみに アリョーシャ年代記3]
 
小社刊の工藤正廣関連の著作物
[シャーマンとヴィーナス]
[中二階のある家 ある画家の物語]
[蒼ざめた馬 漆黒の馬]
[夕べ ヴェーチェル]
[機械と狼]
[ユリウシュ・スウォヴァツキ詩抄]
[]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
初期 1912―1914 あるいは処女詩集から
ボリース・パステルナーク 著
1,200円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷