未知谷の刊行物【海外文学】



 
物語
ボリース・パステルナーク 著 / 工藤正廣 訳・解説
四六判上製192頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-309-9 C0097



散文活動とは何か、その「しるべ」と評された
詩人力溢れる『リュヴェルスの少女時代』に続く
20世紀を代表する抒情詩人パステルナークの散文小説
 
一九一四年七月、炎暑の土埃り舞うモスクワ
弱き人々に共有の「こころもとなさ」に共振する
青年セリョージャの「幻想」の挫折と現実の日常回帰
 
「それがこの世の何であれ、
憎むことよりも愛することの方が、
はるかに容易で固有だったあの最後の夏」
それぞれ個人に語りかける、革命前夜の物語――


目  次

I章

II章
25 
III章
42 
IV章
60 
V章
95 
 『物語』をめぐって……
117 
 訳者から
178 

ボリース・パステルナーク
[Борис Пастернак]
(1890―1960)
画家である父と音楽家である母との間に生れ、幼少時からトルストイ、リルケ等多数の芸術家に囲まれて育った。1922年の第三詩集『わが妹人生』で著名詩人となる。1958年ノーベル文学賞拝受。ロマン『ドクトル・ジバゴ』で描いたように、人間とは何か自然とは何か、そういう根源を、斬新な詩的スタイルで創造しなおしてみせた。
 
工藤正廣 [くどう まさひろ]
1943年青森県黒石生まれ。北海道大学卒。現在同大学名誉教授。ロシア文学者・詩人。
著書に『パステルナーク 詩人の夏』『ドクトル・ジバゴ論攷』『ロシア/詩的言語の未来を読む』『新サハリン紀行』『TSUGARU』『ロシアの恋』『片歌紀行』等、訳書にパステルナーク抒情詩集全7冊、フレーブニコフ『シャーマンとヴィーナス』、アフマートワ『夕べ』、チェーホフ『中二階のある家』、ピリニャーク『機械と狼』(共訳)、パステルナーク『リュヴェルスの少女時代』等多数。

小社刊のボリース・パステルナークの著作物
[わが妹人生 1917年夏]
[初期 1912―1914 あるいは処女詩集から]
[バリエール越え 1914―1916]
[晴れよう時 1956―1959]
[早朝列車で 1936―1944]
[第二誕生 1930―1931]
[主題と変奏 1916―1922]
[リュヴェルスの少女時代]
[パステルナーク全抒情詩集]
[ドクトル・ジヴァゴ]
 
小社刊の工藤正廣の著作物
[TSUGARU (つがる)――物語の声・文体論レッスン――]
[ロシアの恋]
[片歌紀行 今に生きる建部綾足]
[永遠と軛 ボリース・パステルナーク評伝詩集]
 
小社刊の工藤正廣関連の著作物
[シャーマンとヴィーナス]
[中二階のある家 ある画家の物語]
[蒼ざめた馬 漆黒の馬]
[夕べ ヴェーチェル]
[機械と狼]
[ユリウシュ・スウォヴァツキ詩抄]
[]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
物語
ボリース・パステルナーク 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷