未知谷の刊行物【海外文学】



 
第二誕生  1930―1931
ボリース・パステルナーク 著 / 工藤正廣 訳・解説
四六判192頁 2,000円(税別)
ISBN4-89642-164-7 C0098



マヤコフスキーの自殺、
友人の妻ジナイーダとの恋、
そしてグルジアへの旅――
恋愛によって一大飛躍を遂げ
熱愛が人生の根源へと至る
わずか2年のうちに書かれ
その後の転回点となった第五詩集。

ぼくの詩よ、走れ、走れ、
いつになくぼくはあなたが必要だ。
並木道通りの角の向こうに家はある、
そこでは日々の順番が途切れた、
そこでは団欒は空虚で、努力はうっちゃられ、
めそめそ泣き、考え、そして待っている。
 
そこではなかば不眠、なかば微睡みの
苦い精神安定剤を飲んでいる。
家はある、そこでは日々のパンは藜のようだ、
家はある、――だからそこへ走れ。
 
通りから吹雪の襲いかかるにまかせよ、――
きみは――クリスタルガラスの虹のようだ、
きみは――夢のようだ、きみは――消息のようだ。
ぼくはきみを送る、送る、つまり愛している。
 
おお、縊死した呪物たちによる
女たちの首まわりの、掻き傷よ!
どれほどぼくはその傷を知り、究めたことか、
そのフェティシュで縊死しかけているぼくだから。
生涯ぼくはその苦行者の鉄鎖の光景に
叫びをこらえているが、
しかし冷えた他人の桟敷席の欺瞞が
それらに打ち勝ち、
そして多妻、妻殺しの〈青髭〉のイメージが
ぼくの努力よりずっと強力だ。
 
俗物たちの遺産は恐るべきものだ、
夜毎彼らを訪れるのが
ゴーゴーリの妖怪ヴィイのような、
実在しない、忌まわしい、反感の幻影、
そして最良の妻たちの生れつきの運命は
その亡霊によって歪められている。
 
おお、どんなに彼女は勇敢だったことか。
愛する母のつばさの下から辛うじて、
冗談まじりに、子供らしい笑いを、
どんな口答えも支障もなく
子供らしい世界と子供らしい笑いを、
その心配事や仕事を、ぼくに与えてくれたとき。
侮辱を知らなかったうぶな子供よ。
 
1931「ぼく詩よ、走れ」


目  次


波 8
 
II
バラード〈配車センターのガレージが〉 36/バラード〈別荘では眠っている〉 40/夏 44/詩人の死 49
 
III
〈この先いつか〉 56/〈興奮しないでほしい〉 59/〈窓、譜面台、そして〉 62/〈ときとして人を愛することは〉 65/〈あいかわらず雪また雪〉 67/〈死人のような薄闇〉 69/〈女たちのスカーフ、色とりどりの〉 72/〈愛するひとよ〉 75/〈わが艶なる美女よ〉 77
 
IV
〈種子をつけた綿毛になって〉 82/〈夕暮のほかには〉 85/〈あなたはここにいる〉 88/〈またふたたびショパンは〉 90
 

〈日は暮れかけていた〉 96/〈いまわれわれはカフカースを〉 101
 
VI
〈おお、あのときぼくが〉 106/〈いつの時代にも〉 108/〈ぼくの詩よ、走れ〉 111/〈非難が静まる〉 115
 
VII
〈四月三十日、春の日は〉 124/〈百年も昔となれば〉 128/〈氷塊となみだの春は〉 130
 
詩の注のためのメモ
139 
解説・エッセー 対話のかたちで
155 
〈〉付きのタイトルは原書では無題

小社刊のボリース・パステルナークの著作物
[わが妹人生 1917年夏]
[初期 1912―1914 あるいは処女詩集から]
[バリエール越え 1914―1916]
[晴れよう時 1956―1959]
[早朝列車で 1936―1944]
[主題と変奏 1916―1922]
[リュヴェルスの少女時代]
[物語]
[パステルナーク全抒情詩集]
[ドクトル・ジヴァゴ]
 
小社刊の工藤正廣の著作物
[TSUGARU (つがる)――物語の声・文体論レッスン――]
[ロシアの恋]
[片歌紀行 今に生きる建部綾足]
[永遠と軛 ボリース・パステルナーク評伝詩集]
[アリョーシャ年代記 春の夕べ]
[いのちの谷間 アリョーシャ年代記2]
[雲のかたみに アリョーシャ年代記3]
 
小社刊の工藤正廣関連の著作物
[シャーマンとヴィーナス]
[中二階のある家 ある画家の物語]
[蒼ざめた馬 漆黒の馬]
[夕べ ヴェーチェル]
[機械と狼]
[ユリウシュ・スウォヴァツキ詩抄]
[]


この商品は下のフォームからご注文いただけます。
翌営業日に小社から折り返し内容確認のメールをさしあげますので、
万が一、小社からのメールが届かない場合は、
お手数ですが、電話等でお問い合わせくださるようお願いします。
 
なお、他の商品も合わせてご注文くださる場合などは、
注文方法]をご覧のうえ「買い物カゴ」をご利用ください。
このフォームは「買い物カゴ」とは連動していませんのでご注意ください。
書   名
著  者
単 価
冊数
第二誕生 1930―1931
ボリース・パステルナーク 著
2,000円(税別)

お 名 前

郵便番号
000-0000の形で正確にご記入ください。
ご 住 所




※アパート・マンションの場合は号数までご記入ください。
電話番号

Eメール

このページの感想や小社へのご意見・ご要望・質問などをお聞かせ下さい。






 


[HOMEへ][新刊案内へ][全点リストへ]["海外文学"リストへ][前コードの書籍へ][次コードの書籍へ]

未知谷